2018/03/27

泉屋博古館分館(六本木)「生誕140年記念特別展 木島櫻谷 PartⅠ 近代動物画の冒険」

先日、泉屋博古館分館「生誕140年記念特別展 木島櫻谷 PartⅠ 近代動物画の冒険」(2018年2月24日〜4月8日)に行ってきた。六本木の方の泉屋博古館 https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/index.html である。 木島櫻谷(このしま・おうこく,1877-1938)については、丸善・丸の内本店で開催された、第29回慶應義塾図書館貴重書展示会「古文書コレクション...

» 続きを読む

2018/02/26

第17回文化資源学フォーラム「周年の祝祭—皇紀2600年・明治100年・明治150年—」

第17回文化資源学フォーラム「周年の祝祭—皇紀2600年・明治100年・明治150年—」 日時:2018年2月11日(日曜日)13:30~17:00 会場:東京大学本郷キャンパス法文2号館1番大教室 http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CR/forum/forum17.html に先日参加してきた。 これまでの例からすると、詳細な報告書が今後作成されて、上記ページで公開されると思...

» 続きを読む

2018/02/10

三省堂書店池袋本店古本まつりで入手した本

三省堂書店池袋本店古本まつり(2018年2月6日~2018年2月12日)で入手した本について、備忘として(書いとかないと、何買ったか忘れる…)。 ○筒井嘉隆『町人学者の博物誌』河出書房新社, 1987 http://id.ndl.go.jp/bib/000001837460 動物学者で、戦前から天王寺動物園や、自然史博物館等の文化施設に関わった人物……というより、筒井康隆の父親、と言った方が早いか...

» 続きを読む

2017/07/01

虎屋文庫編著『和菓子を愛した人たち』

虎屋文庫 編著『和菓子を愛した人たち』山川出版社, 2017 https://www.yamakawa.co.jp/product/15104 虎屋文庫ホームページで連載されていた「歴史上の人物と和菓子」から、「百人の人物を選び、大幅に加筆修正して誕生」(p.2)したのが本書とのこと。 紫式部に始まり森茉莉まで、テーマごとに9章構成で、和菓子と様々な人物との関わりを紹介している。一人当たり、基本見...

» 続きを読む

2017/06/25

徳川美術館・蓬左文庫「江戸の生きもの図鑑-みつめる科学の眼-」展(2017年6月2日〜7月9日)

徳川美術館・蓬左文庫「江戸の生きもの図鑑-みつめる科学の眼-」展(2017年6月2日〜7月9日) http://www.tokugawa-art-museum.jp/exhibits/planned/2017/0602/ のポイントを、メモと記憶を頼りに。ちまちま直してたら、一週間かかってしまった。  同展示の関連企画として、学芸部学芸員による土曜講座「尾張の本草学と博物図譜」が、2017年6月1...

» 続きを読む

2017/05/07

静嘉堂文庫美術館「挿絵本の楽しみ〜響き合う文字と絵の世界〜」展(2017年4月15日〜5月28日)

 静嘉堂文庫美術館(http://www.seikado.or.jp/)の「挿絵本の楽しみ〜響き合う文字と絵の世界〜」展(2017年4月15日〜5月28日)の感想、というかメモ。  挿絵という切り口と、いくつかのテーマを掛け合わせる形で、静嘉堂文庫所蔵の古典籍を紹介する、といった趣向。以下、とりあえず、若干メモを取った内容を忘れないうちに。  「神仏をめぐる挿絵」のコーナーでは、南宋期の写本『妙法...

» 続きを読む

2016/10/17

国立国会図書館企画展示「続・あの人の直筆」感想

国立国会図書館企画展示「続・あの人の直筆」 http://www.ndl.go.jp/jp/event/exhibitions/exhibition2016.html 良かった。戦国時代から戦後まで、100点以上。さらに解説の情報量がめちゃ多いので1時間では足りない感じ。前期(〜10/29)後期(10/30〜)で一部展示替があるので注意。— Toshiyasu Oba (@tsysoba) 201...

» 続きを読む

2016/10/16

日本語学 vol.35 no.10 [2016年9月]感想ツイート

メモ。金文京「中国古典文学研究と漢籍データベース検索」日本語学 v.35 n.10 [2016年9月] p.2-9。ある漢詩に関する、描かれている状況からすると、作者別人じゃね?という疑問を四庫全書の全文DBで解決という事例を通じて、古典全文DBによる研究の変化を論じる。— Toshiyasu Oba (@tsysoba) 2016年10月16日 さらに「問題は、現在の日本の学界では、コンピュータ...

» 続きを読む

2016/02/11

利根川樹美子『大学図書館専門職員の歴史 : 戦後日本で設置・教育を妨げた要因とは』

利根川樹美子 著『大学図書館専門職員の歴史 : 戦後日本で設置・教育を妨げた要因とは』勁草書房, 2016 http://www.keisoshobo.co.jp/book/b214134.html を読了。  自腹を切ったので、一言文句を言わせて貰えると、最初の読者に恵まれなかったのかな……という印象が強い。注記のリンクミスや付与漏れ、論点先取的な論述がなされている部分、箇条書きの項番付与漏れな...

» 続きを読む

2015/12/20

日本古書通信2015年11月号・12月号

 まずは日本古書通信1036号(2015年11月号)から気になった記事をいくつか。  久松健一「サバティカル余滴」p.4-6は、蘭学・洋学史にかかわるこぼればなしをいくつか紹介したもの。そのうちの一つ、大槻玄澤の「玄澤」の由来が、故郷一関藩の黒澤(玄は黒に通ず)から来ている、という話には、あれ、そうなんだ、と驚いた。杉田玄白、前野良澤から一字ずつもらった、というのは誤伝とのこと。玄澤の『畹港漫録』...

» 続きを読む

«神里達博『文明探偵の冒険 : 今は時代の節目なのか』

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Creative Commons License

無料ブログはココログ