« 自由の精神 | トップページ | 情報検索のスキル »

2004/01/10

マリア様がみてる on TV

 完全にタイミングを外しているような気もするが、1月7日からテレビ東京系で放送が始まったTVアニメ『マリア様がみてる』の感想である。
 なるほど、考えてみればこういう話なんだから、CMのアニメ店長みたいに(?)金田アクションとかするわけにはいかんわなあ。カット割りとカメラワークで動きを出して、レイアウトでみせる、というのが基本になるわけだ。そういう意味では、絵コンテとレイアウトで全てが決まってしまうという、演出家と作画監督の腕が問われる作品なのかもしれない。
 とりあえず第1話は、カットごとに様々な技を繰り出して、動きのない場面に動きを作り出そうと頑張ってる、という感じ。でも、一番きっちりみせてほしい、それぞれのキャラクター間の関係と、祐巳と祥子との関係の微妙な変化については、結局、台詞と表情に頼ってしまったような。せっかくの工夫が、うまくかみ合わなかったんじゃないかなあ。あと、カメラ視点の動かしかたに何となく違和感を感じたんだけど、何が変だったのかよくわからない。うーん。
 日常芝居中心(のはず)だし、少なくとも演出的には素材として面白いんじゃないかと思うので、シリーズ中、一話くらい変な演出で、楽しませてくれるとうれしいなあ。

« 自由の精神 | トップページ | 情報検索のスキル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/89032

この記事へのトラックバック一覧です: マリア様がみてる on TV:

« 自由の精神 | トップページ | 情報検索のスキル »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ