« ミュージアムが都市を再生する | トップページ | エマ ヴィクトリアンガイド »

2004/01/25

異界繁盛記 ひよこや商店

 巣田祐里子『異界繁盛記 ひよこや商店』(角川書店あすかコミックス)の第1巻をぱらぱらと読む。
 巣田祐里子(ホームページのURLはhttp://sudamaga.xuu.jp/index.htm。勝手にリンクするな、ということのようなので、リンクはしないけど)の作品を読むのは久しぶりなのだが……あまりに変わっていないのでびっくり。『アニパロ・コミックス』時代に、既にスタイルを確立していたんだなあ。もちろん、衣装や髪形など、キャラクターの作りはちゃんと今風の要素を組み込んでいるのだけれど、ごちゃごちゃした画面の構成とか、ああ懐かしい、という感じ。
 マンガ市場が広がっているとは思えないのに、常に新人が参入してきているわけで、描きつづける場を確保しつづけること自体が難しいはず。そういう中で、商業誌で描きつづけている、ということは、それなりにすごいことだと思うので、なんとなく、良かったなあ、としみじみ。といいつつ、次の巻を買うかどうかは、ちょっと微妙だったりするんだけど。

« ミュージアムが都市を再生する | トップページ | エマ ヴィクトリアンガイド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/135389

この記事へのトラックバック一覧です: 異界繁盛記 ひよこや商店:

« ミュージアムが都市を再生する | トップページ | エマ ヴィクトリアンガイド »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ