« 異界繁盛記 ひよこや商店 | トップページ | 京の古本屋 »

2004/01/27

エマ ヴィクトリアンガイド

 森薫・村上リコ『エマ ヴィクトリアンガイド』(エンターブレインBEAM COMICS, 2003)を二刷で買ってパラパラと読んだ。
 あれ、もう出ていたんじゃ……と思った時には店頭で見かけなくなってなっていたので、増刷されてよかったよかった。
 森薫による、軒並み広角レンズ風のパースの効いた構図の中に、物や人がてんこ盛りの描き下ろしイラストがやたらとあるのもすごいが、ビクトリア朝時代のイギリス(特にロンドン周辺)の生活について様々な角度から解説してみせる、ライターの村上リコという人もすごい。そうした細々とした情報と、『エマ』という作品がきちんと結びつけられて語られているところに、作品への愛を感じますな。単行本が付箋で二倍の厚さになっていた、というのも納得である。
 『エマ』のポイントでもある「階級」について、どのようなスタンスで書くかが結構難しいところだったのではないかと思うのだが、軽すぎもせず重すぎもせず、上流・中流・下層、どれか一つを美化することもせず、と同時に、階級間の壁の厚さをも伝えていて、こりゃお見事。うーん、うまいなあ。
 巻末に参考文献リスト(洋書も含む)がきちんと挙げられているのも良心的。出版年の記述がないのが玉に瑕だが、まあ、この手の本でここまで書いてあるだけでも、よしとすべきか。

« 異界繁盛記 ひよこや商店 | トップページ | 京の古本屋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/141824

この記事へのトラックバック一覧です: エマ ヴィクトリアンガイド:

» エマ・ヴィクトリアンガイド [図書館員の愛弟子]
 ヴィクトリア朝ロンドンを舞台に身分違いの恋を描く、森薫『エマ』。  本編もい [続きを読む]

» 「小説版エマ」を久美沙織が出すそうで [図書館員の愛弟子]
 驚いた。ちょっと反応遅れてるらしいんだけれど。  今回、単にそれだけの記事。 [続きを読む]

« 異界繁盛記 ひよこや商店 | トップページ | 京の古本屋 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ