« 図書館でミュージカル | トップページ | お兄ちゃんと一緒 »

2004/01/06

東洋文庫名品展

 東洋文庫名品展(会期:2003年12月23日〜1月12日 会場:丸の内ビルディング7階 丸ビルホール)を見てきた。仕事帰りに行ったこともあってか、すかすかというほどでもないが、比較的空いていて、ゆっくり回るにはいい環境だったかもしれない。
 千代田区江戸開府400周年記念事業実行委員会が主宰者に入っているためか、江戸期の錦絵が中心。今回新出の資料がごろごろしていたり、やたらとどれも保存状態がよかったりするのがすごいが、東洋文庫の特徴である「東洋」という視野の広がりがこれでは全然見えてこないのでは。なんだかもったいない気もする。せめて、もうちょっと冊子を出してもよかったのでは、というか、見たかった、というのが本音ではある。東洋文庫にとって、「江戸」はテーマとして狭すぎたのでは。
 図録は図版満載で2000円とお買い得。図版の色の調整が甘い気がしなくもないが(ちょっと黄色がきついのでは?)、まあこの値段なら許せる範囲か。巻末に詳細な解説も付されていて、展示だけでは分からないことがいろいろ書いてあったりする。人の流れを止めてしまう可能性もあるので、やたらと展示に解説キャプションを付けられない、というのもわからないでもないが、こんなにいいネタがあるならもう少し付けてくれても……と思ってしまうほど。
 展示について文句をつけるとすれば、1485年刊のアントワープ版『東方見聞録』の展示キャプションに、テキストの成立年代である1295年を出していたのは誤解を招くのでは。刊行年を示すべきではなかろうか。とはいえ、実物が見られたのはうれしいので、あまり文句をつけてもしかたないかもしれない。

« 図書館でミュージカル | トップページ | お兄ちゃんと一緒 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/78638

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋文庫名品展:

« 図書館でミュージカル | トップページ | お兄ちゃんと一緒 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ