« 東洋文庫名品展 | トップページ | 自由の精神 »

2004/01/07

お兄ちゃんと一緒

 時計野はり『お兄ちゃんと一緒』(白泉社花とゆめCOMICS)を読んだ。
 絵柄は、少し羽海野チカ(『ハチミツとクローバー』)の影響が見られるような気もする。一つのページの情報量が多いところも似ているような。そう思って見ると背景の処理も似ている気が……関係者?
 話の中身は、天涯孤独となった中学二年生の主人公の女の子に、突然、腹違いの兄が四人現れて、紆余曲折の末、新しい「家族」を築いていく、という、ほのぼの家族再構築もの。兄妹の禁断の……とか、そういうネタではないので期待しないように。話そのものには特に毒はないので、その辺、物足りない人もいるかもしれない。
 とはいえ、妹萌えの兄4人のどたばたぶりの描きっぷりが結構楽しいし、(兄の)父親の顔が常に隠されていたり(父性を代理する存在としての兄を強調?)する仕掛けもあったりと、意外に引き出しを持っている作家さんかもしれない。別の作品も読んでみたいなあ。

« 東洋文庫名品展 | トップページ | 自由の精神 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/81192

この記事へのトラックバック一覧です: お兄ちゃんと一緒:

« 東洋文庫名品展 | トップページ | 自由の精神 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ