« 21世紀の学問のすすめ | トップページ | 異界繁盛記 ひよこや商店 »

2004/01/22

ミュージアムが都市を再生する

 上山信一・稲葉郁子『ミュージアムが都市を再生する 経営と評価の実践』(日本経済新聞社, 2003)を読了。
 タイトル通り、危機的状況に置かれている博物館・美術館をいかに再生するか、という話なのだが、単に合理化しろ、民間の経営センスを導入しろ、というところで終らずに、ニューヨークなど、欧米の事例を検討しつつ、地域の再生の中核として博物館・美術館をいかに活用するのか、という議論が展開されている。
 特に、文化施設の直接的な収益による経済効果のみを語る愚(よくマスコミでやる、ほらこんなに赤字です、というやつ)を徹底的に批判しているところが痛快。東京都が行った江戸東京博物館に対する事務事業評価を「本庁側の無責任な思い付きといわれても仕方がない」とばっさり切って捨てるあたり、よくぞ書いてくれた、という感じである。現状の評価は、より有効な経営のためのものではなく、単なる「管理統制」にすぎない、という問題提起は重い。
 直接的な来館者数や、入館料収入の多寡ではなく、それぞれの施設の果たすべき役割を明確にし、その上で、その役割を果たしているかどうかを評価する、という仕組みが必要、という提言は、図書館や劇場など、様々な公共文化施設にも共通して通用するものだろう。
 こうした提言の背景にある、文化施設の活動から生まれる様々な波及効果を引き出したほうが、短期的な赤字減らしに走るよりも、中長期的には税収の拡大につながりうる、という発想は、箱物先行の時代には省みられなかったものかもしれない。もう箱物を作る余裕がなくなったからこそ、いかに箱を生かすか、という問題提起が現実的に見えてきた、というなかなか皮肉な状況というべきか。

« 21世紀の学問のすすめ | トップページ | 異界繁盛記 ひよこや商店 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/126125

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージアムが都市を再生する:

« 21世紀の学問のすすめ | トップページ | 異界繁盛記 ひよこや商店 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ