« InterCommunication No.48 Spring | トップページ | 漢籍事始 »

2004/03/23

親指からロマンス(1)

 『ぱふ』の2003年まんがベストテンで、新人賞1位、というのにつられて、椿いづみ『親指からロマンス(1)』(白泉社花とゆめCOMICS, 2004)をぱらぱらと読む。どうもやたらと推しているページもあるようだし。
 それはさておき、なんちゅーか、多少、ギャグで薄められてはいるものの、基本はベタ甘のラブコメですな。わしらのような年寄りには、糖分が多すぎて、ちと体に悪いかも。
 とはいえ、マッサージというネタの使い方は巧い。天然ぼけだが、マッサージについては天才、という主人公の女の子のキャラクターもおいしいし、変人揃い(?)のマッサージ部、という舞台作りにも活用するあたりもなかなか。一気に色んなキャラクターを出し過ぎているような気もするけれど、きっちりシリーズ化してしまったわけだし、まあ結果オーライか。あとは、頬染め女の子と、頬染め男の子のキュートっぷりがポイントかなあ。
 それにしても、別に本書に限ったことではないのだけれど、当然のように家族(特に親)が最も近くの「他人」として登場するようになったのは、いったいいつごろのことなんだろうか、と、何となく考えこんでしまった。もはや、無条件に親が味方になってくれるような話は、時の流れを止めてしまったかのような、やまざき貴子『っポイ!』(白泉社花とゆめCOMICS)くらいかなあ。
 というわけで、親や姉妹との関係が一つの引っ掛かりどころになっていて、単なるラブコメで終らないかもしれない、というポイントでもあったりする。ただし、そこが今後膨らまされていくのかどうかは1巻の段階では未知数。はてさて、この先、ラブコメ要素とギャグ要素と、家族再構築もの(親は再構築の中には入らなさそうだけど)要素のどれが中心になっていくのだろうか。まあ、一応2巻も買うリストに入れておこうっと。

« InterCommunication No.48 Spring | トップページ | 漢籍事始 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/343191

この記事へのトラックバック一覧です: 親指からロマンス(1):

« InterCommunication No.48 Spring | トップページ | 漢籍事始 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ