« アインシュタイン相対性理論の誕生 | トップページ | 国産ロケットはなぜ墜ちるのか »

2004/04/05

マリア様がみてる チャオ ソレッラ!(と、ついでにアニメ第1シーズン終了)

 今野緒雪『マリア様がみてる チャオ ソレッラ!』(集英社文庫COBALT-SERIES, 2004)を読了。
 学園物に修学旅行ネタがないなど許さーん、という主義の私としては、当然、マリみてでも修学旅行ネタに期待はしていた。してはいたのだけれど、よく考えたら、学年が違う、というところが、マリみてにおける「姉妹」関係のミソなわけで、1学年単位で行動する修学旅行では、さして盛り上がりようがないのであった。
 まあ、そんなわけで、番外編的な展開になるのは止むを得ないのでは。読んでいる途中で、2年生トリオ不在の間の話を、1年生と3年生の一人称視点の組み合わせでもう一冊、というのも面白いかも、と思ったものの、最後まで読んだところで、それはなさそう、ということが判明。そろそろ1年生視点の話も読んでみたいところなので、自作に期待。
 それにしても、糞を垂れ流しながら歩くダルメシアン、とか、単なる美しいだけのお伽話になりそうなところに、きっちり楔を打ち込んでくるところが、作者のうまいところ。この感覚が作者になかったら、私のようなオッサンにはとても読めなかったかも。(今回、やたらとトイレネタが多いのも同じ狙いか。いや、実は、男性ファン封じだったりして……)
 とはいえ、アニメで同じことをやってしまうと、おそらく生々し過ぎてしまう。どうするのかなあ、と思っていたら、どうにもなっていなくて、結果として、アニメは妙に美化されたお話になってしまったような気がする。不要なほどに多用されていたモノローグも含めて、原作者の監修が裏目に出たのでなければよいのだけれど……。

« アインシュタイン相対性理論の誕生 | トップページ | 国産ロケットはなぜ墜ちるのか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/400059

この記事へのトラックバック一覧です: マリア様がみてる チャオ ソレッラ!(と、ついでにアニメ第1シーズン終了):

« アインシュタイン相対性理論の誕生 | トップページ | 国産ロケットはなぜ墜ちるのか »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ