« 経済学という教養 | トップページ | イノセンス INNOCENCE »

2004/06/17

STUDIO VOICE July 2004 特集・アニメを見る方法 Animation: Year Zero

 『STUDIO VOICE』2004年7月号(インファス・パブリケーションズ)の「特集・アニメを見る方法」をぱらぱらと見る。
 神山健治×佐々木史郎×佐藤大×藤津亮太というメンバーの座談会(紹介文を読んで、ああそうか、この人か、と思わず納得の人選)が特集全体にちりばめられつつ(ほんとに、ぶつ切りでちりばめてある)、人物・作品・その他色々に関するコラムと大量の図版(STUDIO VOICEなので)で構成。
 こうやって見ていると、もはや知らない人とか作品が多くなってしまい、オタクはもう自称できんなあ、としみじみ。そうか、望月(智充)さん、『ふたつのスピカ』やってたんだー、とか、そんなことに感心してる段階でもう全然駄目ですな。
 コラムでは、声優から見た宮崎・富野比較論、「声優キャスティングのセンスとは!?〜宮崎駿と富野由悠季の場合」に、思わず納得。そういわれてみればそうだよなあ。
 また、「アニメ、20年の呪い論」は、アニメとSFとの関係を、『うる星やつら』と『超時空要塞マクロス』が後の作品に与えた影響と絡めて論じたコラム。「内田樹の研究室」のエントリー、「「オタク」と司法」と併せて一読を。SFが戦後日本のサブカルチャー史において、どのような役割を果たしたのか、誰か実証的に検証してくれんかなあ。もう、歴史的に相対化されてもいい頃合いだと思うのだけれど。

« 経済学という教養 | トップページ | イノセンス INNOCENCE »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/787080

この記事へのトラックバック一覧です: STUDIO VOICE July 2004 特集・アニメを見る方法 Animation: Year Zero:

« 経済学という教養 | トップページ | イノセンス INNOCENCE »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ