« 歴史のための弁明 | トップページ | 清沢洌 外交評論の運命 増補版 »

2004/08/21

あきれた!図書館の無法者たち

 MBS毎日放送の番組、「VOICE」の2004年8月16日 放送分で、公共図書館における利用者による資料の切り取りや延滞、盗難などについてレポートしたもの、らしい(放映を見ているわけではないので…)。

あきれた!図書館の無法者たち

 損耗率の問題、ではもう済まなくなってきているのかなあ。
 モラルの問題だけではなくて、公共図書館の社会的な位置、というのか、社会的に期待される役割(冷房のある勉強部屋ではない何か)を、これからどうしていくのか、という問題も絡むような気も。
 単に、売ってる書店ですら平気で盗んでいく人たちがいるわけだから、無料で貸している図書館であればなおさら、ということなのかもしれないけど、どこまでをリスクとして折り込んで運営していくのか、なかなか難しそう。

 以下を経由。

Easy Lazy Diary?  [news][book]あきれた!図書館の無法者たち
モノグラフ 2004.8.20(金)
Locked Room 2004年8月19日(木)22時42分57秒

« 歴史のための弁明 | トップページ | 清沢洌 外交評論の運命 増補版 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/1245091

この記事へのトラックバック一覧です: あきれた!図書館の無法者たち:

« 歴史のための弁明 | トップページ | 清沢洌 外交評論の運命 増補版 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ