« 国家と祭祀 | トップページ | CM原版の廃棄問題 »

2004/09/24

季刊・本とコンピュータ 2004年秋号

 ああ、書く速度より読む速度が、読む速度よりさらに買う速度が速すぎて、更新が……。
 というわけで、ちょっと前に読んだ『季刊・本とコンピュータ』2004年秋号発行:大日本印刷 発売:トランスアート, 2004)。なんだか、やたらと読みやすかった記憶があるのだけれど、その代わり、いつもより情報量的には物足りない感じが。この号から、「総まとめ特集」ということで、第二期の特徴だった子雑誌もなくなり、レイアウトもシンプルになったからだろう。メイン記事とコラムを一つのページ内で組み合わせるような複雑な構成は影を潜め、徹底して記事のみで勝負している。ある意味で、山崎浩一「雑誌のカタチ エディトリアル・デザインの系譜 第五回 『ワンダーランド』新聞+雑誌のハイブリッド」で紹介されていた『ワンダーランド』的なレイアウトの対極といってもよいかも。この号でこういう雑誌を取り上げる、というのは意図的なのかな?
 その他の記事では、元木昌彦・矢野直明・龍沢武「雑誌と百科事典と新聞が、電子化の大波を受け止めた」が、一九八〇年代半ば以降の電子化の流れを現場(朝日新聞・講談社・平凡社)で受け止めてきた人たちの証言として興味深い。失敗した部分も含めて率直な話が読める。
 同様に、中尾勝・後藤光弥「マルチメディアでわれわれは何をしようとしたのか」も、同時期のCD-ROMを中心としたマルチメディア作品に関わった人たちの証言。全然懲りてない、というか、まったく前向きさを失っていないところがすばらしい。
 廣瀬克哉「技術よりも人が見えてきた 電子テキストの八年」も、www.honya.co.jpの変遷を回顧する内容。売れたのはテキストではなく、そこを発表の場をとした「人」だった、という話がぐっとくる。機能は引継がれないが、データそのものは意外に残る、という指摘も重要か。
 二木麻里「この先は「検索」を捨てよ」は、インターネット上のリソース、特にハブになるサイトを「歩いて探す」ことの重要性を主張していて興味深い。結果として、それがインターネットの多様性の力を回復することにつながっていく、という指摘は重要だろう。特に、インターネット上のリソースを評価しなければならない図書館員は必読。
 それにしても残り3号か……。第3期って話はないんだろうなあ。

« 国家と祭祀 | トップページ | CM原版の廃棄問題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/1513108

この記事へのトラックバック一覧です: 季刊・本とコンピュータ 2004年秋号:

« 国家と祭祀 | トップページ | CM原版の廃棄問題 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ