« 談 no.71 特集・匿名性と野蛮 | トップページ | 図書館文化史研究 no.21 »

2004/09/05

すばらしき愚民社会

 小谷野敦『すばらしき愚民社会』(新潮社, 2004)を読了。『考える人』の連載「大衆社会を裏返す」の単行本化(大幅加筆ありとのこと)。
 ありゃ? また「2ちゃんねる」ネタがあるなあ。別に意図して選んだわけではないのだけれど、そういう巡り合わせなのかも。
 2ちゃんねるに関しては、徹底して批判的。「大きな現実を動かすことはできない」という視点は、『談』no.71に掲載された斎藤環・北田暁大の対談とも通じるものがあるような。そこを、文化文政期の「頽廃した町人文化」と比較して語るところが、小谷野敦らしいところかなあ。といいつつ、むしろ、指摘としては、2ちゃんねるで叩かれるのを恐れるマスコミにとって、2ちゃんねるが一種の抑圧的な権力として作用している、という点の方が重要かも。
 フェミニズム&ポストモダン批判も相変わらずで、両者の持つ強い政治性に対して、学問はそんなものではないだろう、的なポジションから、上野千鶴子、宮台真司、金森修といった論者を切り捨てていく。実際の学問が政治的なバイアスを持ったものだ、と主張する事と、だから学問は政治的なものであって構わない、とすることは別物だ、ということなのかな?
 その他、禁煙ファシズム批判などもあるが、やはり、学問の世界における近世の軽視を批判した部分がいい。それと、大衆論の文脈で、10万部売れても日本人の0.1%、という指摘をしていて、当り前といえば当り前なのだけれど、おお、と思ってしまった。こういう感覚は、本というものの持つ影響力を、実感として把握するためには重要なもののような気がする。
 あとがきでは、イラク戦争についてアメリカ支持を鮮明に打ち出すとともに、例の人質に対する非難の声も、愚かな知識人に対する、「一般国民の良識」として評価する姿勢を明確に打ち出している。うーん、軍事的・地政学的状況をリアルに認識せよ、というのはわかるのだけれど、強引に政策的選択肢を狭め過ぎているという印象も。潜在的に敵/味方となりうるものを意識しつつ判断を行うことと、最初から敵/味方を固定して判断を行うこととは違うことのような。

« 談 no.71 特集・匿名性と野蛮 | トップページ | 図書館文化史研究 no.21 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/1361811

この記事へのトラックバック一覧です: すばらしき愚民社会:

» バカな子ほどかわいい [quimitoのご本ご本]
小谷野敦『バカのための読書術』(ちくま新書)は、バカの連発本だ。 「新書が入門書 [続きを読む]

« 談 no.71 特集・匿名性と野蛮 | トップページ | 図書館文化史研究 no.21 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ