« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004/10/31

災害時の歴史資料保存、などなど、新潟県中越地震関連雑感

 地震や台風の被害の映像を、他人事として見てしまう自分、というのに、ある程度は後ろめたい気分を感じてしまうのだけれど、色々なイベントに対して、「この非常時に何をやっとるか!」みたいな怒りの声をぶつけるのもどうかなあ、とも思ってしまう。
 ただ、少なくとも、被災した方々に対して、「あなたたちは忘れ去られてはいない」というメッセージを送り続けることは、必要なことなのかもしれない(たとえ形だけのメッセージになってしまったとしても、それを聞いた人が、ふと思い出すことが重要な気がする)。各個人の情報発信もそうだけれど、マスコミのバランス感覚が問われているのかも(少しは台風被害のことも報道してほしい)。

 新潟県中越地震に関しては、

【新潟県中越地震】被災地に電源車を急行──電力系TOHKnetの決断
【新潟県中越地震】小千谷は自家発電で営業続行中──11店舗が被災した北越銀行

などの、ライフライン関連の企業の対応を伝える記事が、プロの職業人のあり方を伝えていて、思わず襟を正してしまう。こんなときに商売かい、という人もいるかもしれないが、その商売が続いてることが、生活を支える、ってことは確実にあると思うのだ(本当は、図書館もそういう商売であってほしいのだけれど、まだそこまでは……)。

 また、登録しないと読めない記事(ただし無料のはず)だが、

現代リスクの基礎知識 第73回  新潟県中越地震

が、地震発生直後の様々な組織・企業の動きを分析していて、参考になる。流通系では、セブン−イレブン・ジャパンとイトーヨーカ堂、ジャスコがいち早く動いていた、という話はこれで知った(かなり早い段階でテレビに映っていたあの大量のおにぎりはどこからやってきたのだろう、と思っていたので、これで納得)。


愚智提衡而立治之至也: 特設:新潟県中越地震 バックナンバー

天漢日乗

など、個人によるblogにおける情報発信・交換や、2ちゃんねるなど掲示板による情報交換が盛んに行われているようだが、とても全貌は私には捉えきれない……。

 Daily Searchivistでも紹介されている、歴史資料ネットワークが、地震に限らない「自然災害による被災歴史遺産保全活動への支援募金のお願い」を掲載している。こんなときに歴史資料がどうした、生活の方が優先だ、というのは正論なのだけれど、地域の記録・記憶を残しておくことは、その土地で新たに地域の復興に取り組む人たちにとっても、止むを得ず、その土地を去って新たな土地に移り住むことを選ぶ人たちにとっても、支えになると思う。無駄なことではないはずだ。
 もし、現地にボランティアに行く友人・知人がいたら、歴史資料ネットワークの、歴史資料を捨てないで、という呼びかけのことを伝えてもらえないだろうか。

 さて、とりあえず、私にできるのは募金かな。

2004/10/29

調べものができない図書館では…

 「近所の図書館のダメダメ度」(Love Books)

 何かを調べたい時に役に立つ図書館、というのが、やっぱり重要なんだと思う。こういうお客様を失望させちゃ駄目だよなあ。うーむ。
 何の努力もせずに、いつまでも「それでもやっぱり図書館を利用するのは知りたい情報が集まっている所だと思うからだ」と、言ってもらえると考えるべきじゃないよね。

2004/10/26

福沢諭吉の真実

 これもいくらか前に読み終っていた一冊。平山洋『福沢諭吉の真実』(文芸春秋・文春新書, 2004)。
 「真実」という言葉をタイトルにつける、ということは、著者(実は編集者かもしれないけど)が相当に自信を持っている、ということだと思うのだけれど、大抵の場合は、それは空回りか、単なる自信過剰や思い込みだったりする。そういう本はあんまり読みたくないのだが、本書は違った。なるほど、「真実」という言葉を打ち出してくるだけのことはある。
 福沢諭吉(1834-1901)という人は、日本の近代化において非常に大きな役割を果たした啓蒙思想家として知られている。慶応義塾を創設した教育者でもあり、天は人の上に人を造らず、という言葉で知られている通り、非常にリベラルなイメージもある。ちょっと事情に詳しい人なんかだと、朝鮮半島における改革派を支援していた、なんて話も知っているかもしれない。
 実は、その一方で、近年、晩年の福沢諭吉は、アジア侵略を正当化する主張をしている、ということが指摘されていた。これも根拠のないことではない。
 福沢には『時事新報』という新聞を発行するジャーナリストとしての側面もある。現行版の福沢諭吉全集は岩波書店から1958年から64年にかけて出版されている(1969年から71年にかけて第二版も出ている)のだが、この中には、福沢が中心となって編集・発行を行った『時事新報』の社説に、無記名で掲載された文章が、「時事新報論集」と題して全集2巻分の第8巻から第16巻、計9巻分にわたって収録されている。福沢による大陸進出(アジア侵略)肯定論は、この「時事新報論集」によって裏付けられているのだ。
 こうして考えてみると、リベラル派にとっても、保守派にとっても、福沢は先駆的な存在ということになって、お札になるのもなるほどなあ、という感じだったりする。
 ところが、本書は、「時事新報論集」に収録された社説が、本当に福沢が書いたもの、あるいは、福沢の思想を表現したものといえるのかどうかについて、徹底した再検討を加えていく。
 まずは、『時事新報』において社説を書いた人物について明らかにし(もちろん、福沢一人で書いていたわけではないし、晩年においては尚更だったりする)、その上で、問題のアジア侵略肯定論の根拠として扱われてきた文章を書いたのは誰なのか、他の記名記事との比較により言葉の用法等の頻度から特定していく。
 また、福沢死後に編纂された最初の全集(1925-26)の編纂の経緯を著者は検証していく。この全集を編纂した人物は、本当に、誠実な仕事をしたといえるのだろうか。著者の執拗な追及が続く。しかも、この大正期につくられた全集の構成はほぼそのまま現行の全集に引継がれている。問題の大正版全集に問題があれば、それはそのまま現行の全集の問題でもある。
 こうして、ある福沢の弟子によって、日本の大陸進出を唱える先駆的思想家(これが近年、アジア侵略論とされるわけだが)としての福沢像が、その死後に、伝記と全集によって意図的に形作られ、その結果は現在の全集においても生き続けている、という説が説得力ある形で展開されることになる。
 本書の説が正しいとすれば、福沢は、晩年まで徹頭徹尾リベラルな思想家であり、朝鮮や中国の人びとに対して同情的で、大陸への武力進出よりも大陸との貿易の発展を重視していたわけだ。どうもブレがちだった福沢像が、明確に一貫性を持ったものとして描き直されることになるだろう。
 普通、全集に入っていたらその人の書いたものだと思うわけだが、本書によれば、その盲点が見事に活用されていたことになる。恐るべし。全集ができれば、それを頼りたくなるのが人情。それでも、原典・初出に立ち返ることが重要ってことですな。二次資料・三次資料に頼りがちな我が身にしみる一冊。

(2004年10月28日追記)
 「時事新報論集」が全集の2巻分にあたるとなっていた部分を、第8巻から第16巻の計9巻分と修正しました。平山洋さま、ご指摘ありがとうございました。

2004/10/23

キャリア転機の戦略論

 昨日の更新がちと重いネタだったので、今日は軽めに先程読み終った榊原清則『キャリア転機の戦略論』(筑摩書房ちくま新書, 2004)を。
 著者は、ロンドン大学ビジネススクールの準教授を勤めていた間に、様々な年代・出身国の学生、それから大学のスタッフや友人・知人などに、キャリアの変遷についてインタビューを行っていたという。その数、約50人。本書は、そのインタビューの中から、各年代ごとに典型的な、総計12名についてその概要を紹介する、という趣向。著者の関心は、キャリアの転換点における意思決定、というところにあるようで、特に転職や、ビジネススクール等の大学院レベルの学位取得(ビジネスの場合はいわゆるMBA)にあたっての判断の背景にあるものを探っていく、という側面が強い。
 本書の全体は、20代から30代前半のキャリア初期、30代半ばから40代のキャリア中期、50代以降のキャリア後期という具合に大きく3つに分かれている。さらに、キャリア中期については、男女の差異が大きい(英国・欧州でもそうなのか…)ことから、男性と女性をそれぞれ分けて論じている。
 結論をまとめてしまえば、キャリアの転換点においては、ちゃんと中長期的な視野を持って判断することが重要、という話になってしまって、身も蓋もないのだが、欧州の人間だから転職ばかりしているかというと、そういわけでもない、というのがわかって面白かったりもする。また、常に一定の成果を上げ続けるためには、継続的に学習意欲を持ち続けていることがポイントだったりするらしい。学習意欲と仕事があんまりつながってない我が身を振り返ると、何とも複雑な気分ではあるのだけれど……。
 それにしても、どの年代に対しても大学院レベルの教育が開かれていて、しかも、それは大学(学部レベル)を卒業しているかどうかに関わらない、というのは、なかなかよい環境ではなかろうか(ただし、学費はそれなりに高いそうで、大抵の場合、銀行から借金してまかなうらしい)。そうした環境が整えられているからこそ、プロフェッショナルとして認められるためには大学院レベルの学位が必須になっているみたいだし。日本における大学・大学院が置かれている状況とはかなり異なる世界がそこには広がっている。まあ、そこには現場の労働を一段低く見る階層社会としての側面もある、と著者が指摘している通り、単にばら色の世界というわけではないのだけれど、少子化社会において大学が生き延びる一つの方策がここにはあるような気もしなくもない。
 単純に、欧州・英国の働く人たち(ただしMBAを取ろう、なんて人たちなので、いわゆる「労働者階級」というのとはちょっと違うらしい)の、人生の一端をのぞき見る、という楽しみ方も可能な一冊。あえて文句をつけるなら、年代論として語られている部分のうち、むしろ、世代論として論じた方がいい部分もあるような気が。特に、不況期に最初の就職活動を行った現在キャリア初期の世代と、景気が絶好調の時代にキャリア初期を駆け抜けた現在キャリア後期の世代では、キャリアに対する考え方が大きく違っているのではないか(年代の問題というより、この先も違いは残るのでは?)という疑問は残る。が、まあ、そこまで堅苦しく読む本ではなくて、欧州・英国におけるキャリア形成のあり方を通じて、自分のことも振り返って考えてみよう、というのが正しい読み方なのかなあ。
 さて、自分のキャリアについては、どうしたものやら。

2004/10/22

脳死・臓器移植の本当の話

 風邪を引いて寝込んだり、その後、慌てて頼まれ研修講師の準備でどたばたしたりで、更新が一時停止してしまっていたが、ようやく久しぶりに更新。いくつか読んだ本が積みあがっている(読んでいない本はもっと積みあがっているのだが)のだけれど、最近読んだものから片づけることに。
 まずは、小松美彦『脳死・臓器移植の本当の話』(PHP研究所PHP新書, 2004)。正直、これを風邪を引いてぼおっとした頭で読んだのは、少々無謀だったかも。夢に出てきそう……。
 というのは、本書の前半が、欧米の最新の研究動向を踏まえつつ、「脳死」が本当に「死」の名に値するのか、という問題を論じているため。何しろ、アメリカでは、「脳死」した人から臓器を取り出す際に、麻酔をかけるのが当り前になっているらしい。脳が回復不能なまでに壊れちゃっているんだから、意識なんてないし痛みなんて感じないはずなのに、メスを入れると血圧が一気に上昇し、額には汗、目には涙、そして、そのまま進めるとのたうち回る……というのは、常識なんだそうな。日本でも、脳死した人から臓器を取り出す時には、麻酔を使ったり、あるいは、筋肉弛緩剤のようなものを使って動けなくすることが推奨されているとのこと。つまり、明確な意識は残っていないかもしれない(あるいは、もしかすると残っているけれども、外部とコミュニケーションすることができないのかもしれない)が、痛みは感じている可能性がある。体の部品を一つ一つ切り出される猛烈な痛みの中で、もう一度死んでいく「脳死」者……。このイメージが、熱に浮かされた頭に強烈に焼き付いてしまった。正直、もうドナーカードを持つ気はしない。
 他にもラザロ症候と呼ばれる、人工呼吸器を停止すると肘を曲げて、両手を咽や口元に添えるような動作をする「脳死」者(これは連続写真もあり)など、強烈なイメージで語る部分だけが記憶に残りがちだが、実は、本書はそれだけの本ではない。
 脳は身体の有機的統合の中心であり脳が破壊されれば有機的統合は崩壊する。つまり、人の生命が維持されている、ということを支えているのは脳の活動であって、脳の基本的な機能が破壊されてしまえば、一体的な生命としては存在できない、という理屈が、「脳死」の理論を支えていた。ところが、Alan D. Shewmonという人による最近の論文では、実際には脳がなくとも成立する有機的統合の例はたくさんあり、脳は中枢ではなく、調整役に過ぎない、ということが示されてしまった、ということが本書では紹介されている。今や、「脳死」が「死」である、という学問的根拠は失われつつある、ということだ。このために、欧米の脳死による臓器移植を推進する論者からは、「脳死」が「死」ではない、ということを認めた上で、臓器移植医療のためならば、「脳死」状態の人を殺すことは容認される、という議論まで出てきているらしい。
 いや、意識がなければ死んだも同じじゃないか、という人もいるかもしれないが、それは「脳死」という言葉に引きずられているのだ、と、著者は指摘する。意識がない、ということは、外側からは確認のしようかない。意識が戻らないまま眠りつづける植物状態の人は、外見的には意識がないように見えるが、実は重度のコミュニケーション不全に陥っているだけ、という話もあったり(実際、リハビリによって徐々に回復する例もあったりするらしい)、意識の有無=生命の有無、と考えるのは、実は生きて意識のある人を意図的に殺してしまう可能性に道を開く、危険な思考の罠だったりする。
 そもそも、移植した場合としない場合の生存率は統計的にきちんと調査されているのか、とか、実際に行われている「脳死」による臓器移植に問題はないのか、という点についても、様々な資料や最新の研究成果に基づいて議論が進められている。特に、1999年の「脳死」移植第1号のケースの緻密な検証は圧巻。「脳死」状態になる可能性が高い患者が受けられるのが、救命医療ではなく、「脳死」するまで何度でも行われる脳死判定となる可能性が、そこでは浮き彫りにされている。
 しかも、人工呼吸器を外して自発的な呼吸運動が起こらないことを確認する、つまり、呼吸できない状態を意図的に作り出す、という判定手順は、厚生省(現・厚生労働省)が定めた手順では、最後まで行わないものとされていたはずなのに、第1号のケースでは何度も行われていたことが語られる。実際、危険なほど血中の二酸化炭素濃度が高まっていたにも関わらず、事後の公の検証の場では、何も問題は指摘されていないという。さらに、判定の妨げになるはずの中枢神経抑制薬、筋肉弛緩薬が(けいれんなどを押さえるために)何度も患者に投与されているときては、いったい何を信じたらいいものやら。
 当時の異常な報道の過熱ぶり(そういえば、NHKの報道はあの頃から何か「たが」が外れてしまって、何か一つのニュースだけを過剰にとりあげることが多くなった気がする)に対して、事後検証の欠如が徹底していたことにもがく然としてしまう。
 こうした実証的な議論に加えて、最初と最後に『星の王子さま』を題材にした一種の「たとえ話」が語られている。治療のために臓器を待ち望んでいる人たちに同情を寄せるのであれば、臓器を提供した側の死がどのようなものであるのかについても同時に見据えた上で語らなければ、単に人体ビジネスの立ち上げに貢献するだけになってしまいかねない。「たとえ話」の中身は実際に読んでもらうしかないが、こうした厳しい現状の中で、単に反対のための反対だけではなく、「死」とは何なのか、ということを、正面から論じようとした、それが著者の答えなのだろう。
 臓器移植法の改正が議論されている昨今だからこそ、読んでおきたい一冊。ドナーカードについて、どうしようかなあ、と思っている人もぜひ。

2004/10/11

秋の新番組メモ

 うーん、アニメの新番組の数が多過ぎて、とてもチェックしきれず。……って、せっかくの連休に何をやっているのやら。
 とりあえず、第一話を見た限りでは、

巌窟王
ファンタジックチルドレン
BLEACH
BECK

というあたりがよかったなあ。
 次点が、

砂ぼうず
舞-HiME
月詠
ロックマンエグゼStream
ゾイドフューザーズ

という感じ。
 機動戦士ガンダムS DESTINYは、判断保留。続編らしい続編、という意味では、悪くないと思うけど。
 そもそも見ていない番組も多いし、第一話の前半見ただけで、まあ、こんなもんかなー、と飛ばしてしまった番組もあったりするので、全体的な評価とはいえないのだけれど、一応メモ。しかし、もっと見るもの絞らないと体が持たんな……。

2004/10/09

コミュニティのための図書館

 ぼちぼち、硬い本についても書いてみることに。しばらく前に、アリステア・ブラック・他著/根本彰・他訳『コミュニティのための図書館』(東京大学出版会, 2004)を読了して、放り出してあったので。
 本書は、Understanding community librarianship : the public library in post-modern Britain / Alistair Black and Dave Muddiman. (Aldershot : Avebury, c1997).の全訳。訳者前書きにあるように、直訳すれば「コミュニティ図書館の理解:ポストモダン時代のイギリスにおける公共図書館」となる。というわけで、1960年代くらいから1990年代半ばくらいまでの、イギリスの公共図書館の変化を、「コミュニティ図書館(community librarianship)」をキーワードに、論じていく一冊。
 「コミュニティ図書館」というのは、実は一般名詞ではなくて、1970年ごろから始まった、イギリスの図書館における一種の運動のことだったりする。各地域社会は、色々なコミュニティから形成されているわけだけれども、図書館を利用するのは中流層以上の白人のコミュニティに属する人が中心。そういう現状に飽き足らない図書館員たちが、図書館にアクセスしない(できない)コミュニティに積極的に関わっていく、アウトリーチ活動などのそれまでの図書館になかった様々なプログラムを開発して実施していった、という具合。
 本書が面白いのは、こうした「コミュニティ図書館」運動の始まりから、自然消滅していくまでの過程を追う事で、イギリスの公共図書館を巡る様々な問題軸を明らかにしていくところだろう。その手法も、先行研究や政策文書などの分析だけではなく、関係者へのインタビューなどを踏まえた多元的なもので、訳者はいわゆる「カルチュラル・スタディーズ」の影響を指摘している。
 提示される問題軸には、図書館における中心的機能と周縁的機能の分割線(何が中心的とされ、何が周縁的とされるのか?)、利用者像の対立(図書館に来る意志のある人だけが利用者なのか、図書館に来る意志がない(あるいは図書館を知らない)人も含めて図書館の利用者として考えるべきなのか?)、サービスを行う思想的基盤(福祉なのか、啓蒙なのか、地域コミュニティの構築なのか、住民ニーズへの対応なのか、文化遺産の保存と活用なのか)などなど、刺激的な問題がてんこ盛りだったりする。
 結果として、「コミュニティ図書館」という運動は、サッチャー=メージャー政権時代に、図書館への資金が細っていく中で、実質的に消滅していくことになるのだが、それでも著者は、多くの遺産を残したし、そこからポスト・モダン時代の公共図書館が学ぶべきことも多いとしている。その結論の諾否は私にはどうこう言えるほどの知識はないのだけれど、本書で触れられている時期以降のイギリスにおける図書館振興の積極的な動き(たとえば、英国図書館情報委員会情報技術ワーキング・グループ『新しい図書館 市民のネットワーク』(日本図書館協会, 2001)などを参照のこと)を考えると、根本的に枠組みが変わったのでは、という気もしなくもない。ただ、最近の動きにしても、本書で提示されている問題軸は有効なのでは(ポイントは、ICT(Information and Communication Technology)と、文化遺産かな?)。
 それよりも、日本の公共図書館に適用した場合にどうなるのか、というのが、気になるところ。前川恒雄も『市民の図書館』をまとめる前に、イギリスに留学してたような気がするので、その辺から切り口を作っても面白そう。誰かやってくれないものか。
 それにしても、イギリス人の文章は回りくどい……。何というか、すっと頭に入る文章ではないのは、必ずしも翻訳のせいではなさそうな気が。中身は面白いんだけど、とっつきにくいから、図書館の人には勧めづらいなあ。

2004/10/03

マリア様がみてる 特別でないただの一日(と、ついでにアニメ第2シーズン終了)

 今野緒雪『マリア様がみてる 特別でないただの一日』(集英社文庫COBALT-SERIES, 2004)を読了。知り合いが読んでる率が徐々に上がりつつあるので、こういうネタが少々書きにくいなあ。といいつつ、書くけど。
 間に、アニメ第1シーズンのムックでもある『マリア様がみてる プレミアムブック』(集英社文庫COBALT-SERIES, 2004)を挟んで、ようやくシリーズ開始当初と同じ文化祭シーズンに一順、という一冊。作品内世界での一周年ですな。
 現在2年生の主人公祐巳の「妹」がどうなるのか、と気をもたせつつ、妹候補1年生二人のエピソードを軸に読者の関心を引っ張り、卒業生組も花寺生徒会も登場、というサービス満点の内容。アニメで入ってきた新規読者へのサービスなのかな?
 妹候補二人については、お話的には「はりがね」が軸になってよい話なのに、「ばね」の方がおいしい結果になっているのは、主人公との絡み方上、まあ、しかたないのかな、というところ。学年違いのパートナー関係、というところが、このシリーズのキモだからなあ。他のネタで盛り上げても、全体の印象ではちと負けてしまうのはしょうがない。「はりがね」話が、あっさり処理されつつも、よく考えるとドロドロなのは、お話全体のバランスを巧みにとっている印象。作品世界を破壊するところまでは露骨にやらないけれども、世界はキレイなだけのものではないよね、という感じか。
 ここからは、(白は決着済みなので)紅薔薇と黄薔薇の2年と、妹候補1年生との絡みをどう描いていくのかが楽しみなところ。後はやっばり、1年生視点で描いた2年生、というのをどこで出してくるのか(あるいは出してこない?)が、個人的には注目点。
 それにしても、それぞれのキャラクターのセリフが、アニメのキャスティングで聞こえてきてしまうのには参った。原作とアニメが良いカタチで総合作用してくれるといいのだけれど。
 そのアニメの第2シーズン(『マリア様がみてる〜春〜』)も既に終了。初盤は卒業ネタ、中盤は新白薔薇姉妹誕生、終盤は、原作中で最も盛り上がる『レイニーブルー』と『パラソルをさして』ネタ、というバランスのとれた構成。セリフだけではなく、表情やしぐさといった動きや構図で、各キャラクターの気持ちを描こうという姿勢が明確に打ち出されていて、第1シーズンよりも、アニメっぽく(?)なった気が。その分、絵にしにくいエピソードはかなり大胆に切られている(らしい。自分では未検証)。このあたり、原作ファンの評価が分かれるところかもしれない(ちなみにうちのツマはかなり不満な模様)。

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ