« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

モンテ=クリスト伯

 ようやく、アレクサンドル・デュマ著,泉田武二訳『モンテ=クリスト伯』(講談社Super文庫, 1990)を読了。時間かかったなあ。でも、久しぶりに読み返してみて、やっぱり面白い、と再確認。
 アニメの『巌窟王』は、中盤からどんどんオリジナルのストーリーになっていっていることもわかったし。そういう意味では、原作を読んでもネタバレにはならないかも。ただ、設定や人間関係については、原作を踏襲している部分が結構ある。あのネタは生きてるってことは、あの人とあの人はああで、ということは、だから、うわあ、そんなことを、うひゃー、という感じの(どんなや)ネタばらし的な部分はあるかもしれない。
 『巌窟王』は、実にうまいこと原作の物語を組み替えているのだけれど、その一方で、原作の要素もこれまた見事に取り込んでいる。あの部分を変えると、ここが使えなくなるんだけど、そっちに話をもっていくことで、あれは回避して、とか、何の説明にもなってないが、まあ、そんな(だからどんなや)感じ。企画段階の試行錯誤の過程とか、ちょっと知りたい気もする。
 ちょっと邪道かもしれないけれど、『攻殻機動隊S.A.C.』が、士郎正宗の原作にある要素を取り込んで作品世界に厚みをつけているように、『巌窟王』も原作の要素を小まめに使っていて、重箱の隅的な楽しみ方もできたりもする、というのが、原作を読んでよくわかった。やっぱり、DVD欲しくなってきたなあ。初回版、まだあるんだろうか。
 で、原作の『モンテ=クリスト伯』に話を戻すと、いろんな訳・版が出ているけれども、とにかく、何でもいいから全訳版を読むべき(入手しやすいのは岩波文庫版かな?)。ストーリー展開が結構派手なので、抄訳やダイジェスト版でも、多分、楽しめるんだと思うのだけれど、主要なストーリーの脇にくっついている枝葉の部分があるとないとでは、かなり印象が違ってくるはず。その枝葉の部分に惜しげもなくアイデアをつぎ込んでいるところが実にいいのだな。そこだけ膨らませば別に一本話書けるだろ、というネタが次から次へと繰り出されてきて、この時期(1845年前後)のアレクサンドル・デュマがいかにノっていたかが、よくわかる。初出が日刊紙連載というのが、またすごい。読者が熱狂するのも当然だよなあ。その上、『三銃士』というか、『ダルタニャン物語』も同時期に書いているんだからとんでもないとしか言い様がない。
 内容については、ネタバレになるのであまり書けないが、伯爵が移動する際のスピードが、伯爵が人を魅了していく際の一つのポイントになっていたり、腕木の上下を使った信号機による長距離情報伝達システムが舞台装置の一つとして使われたり、「近代」の力が伯爵の活躍と強く結びつけられている、というところが、一つのポイントかもしれない。最後はキリスト教的な道徳話が出てきたりするのだけれど(「モンテ=クリスト」という名自体、「キリストの山」(=ゴルゴダの丘?)という意味だったりするし)、それ以上に、近代的なイメージ(特にスピードと時間の正確さ)が持つ魅力、というのが大きかったのではないか、という気がする。どう読んでも同性愛ネタとしか思えないエピソードも出てきたりするのにも、驚いたし(ただし、女性間の、だけど)。卒論レベルなら、この一作だけでも、近代文化論が何本か書けるんじゃなかろうか。娯楽小説としても一級品だけれど、実は、様々な読みにも耐える作品なのかもしれない。

2005/02/20

メモ書き 『モンテ=クリスト伯』とか三原順とか

 公私両方でどたばたしていて、更新できず。ものを書こうという欲望があまり出てこない、というわけで、ちょっと燃え尽きぎみかも。

 メモ書きその1。
 『巌窟王』を見ていたら我慢できなくなってしまい、書棚から、『モンテ=クリスト伯』を取り出して読み出してしまう。私の手元にあるのは、講談社から1990年に「Super文庫」シリーズとして出た、B5サイズの一冊本で、訳者は泉田武二。講談社文庫版を一冊にむりやり押し込んだもの、と思い込んでいたのだけれど、確認してみると、訳者が違う。なるほど、評論社の「ニューファミリー文庫」とやらが元本らしい。不可思議。それにしても、改めて見ると、B5サイズで3段組というのは、かなり無茶なレイアウト。誤字脱字も多いし、重い。でも、読み始めると止まらないんだよなあ。作品が面白いと、多少のことは気にならないということか。
 こういう大長編こそ、専用読書端末向けにいいような気もするのだけれど、貸本方式じゃあ何だなあ。その前に、デジタルデータがないから、改めて入力しないといけないのか、と、思っていたら、「箱男」のエントリー「「アジアinコミック2005」の風景」を読むと、日本の電子ブック事業の発想だと、画像でやっちゃえ、ということになるみたい。こりゃ、そのうちGoogleに著作権切れのおいしいところを根こそぎ持っていかれても、文句はいえんなあ。あ、あと国立国会図書館の近代デジタルライブラリーね。
 そういう動きに対抗するための著作権保護期間延長なのかもしれないけれど、なんだかなあ、という気がしてしまう。あ、ごたごたしていた間にパブコメ終ってる。ありゃりゃ。

 メモ書きその2。
 「内田樹の研究室」のエントリー「「原因」という物語」経由で、「スーさんの熱血うなとろ日記」のエントリー「学校を責めるメディアと親たち」を読んで、三原順の「Die Energie 5.2☆11.8」(『三原順傑作選'80s』(白泉社文庫, 1998)に収録)のことを久しぶりに思い出す。
 登場キャラクターを含めて、長編『X-Day』につながっていく、原子力をテーマにした短編。とにかく描かれている事件の経緯そのものが複雑で、最初に読んだときには、描かれている事件の概要が把握できなかったほど。その後、繰り返し何度も読んだけれど、未だにちゃんと理解しているかどうか自信がない。
 それでも、誰もが自分が被害者であると主張して人を非難し、攻撃する現実を前にして、主人公が「オレは加害者でいい! ただの加害者でいい」と言い放つシーンは、とても印象に残っている。自分たちの仕事のことなのに、何故か評論家になってしまう同僚の姿を見るたびに、頭の中でこのセリフが甦る。
 内田樹いうところの「批評性というのは、どのような臆断によって、どのような歴史的条件によって、どのような無意識的欲望によって、私の認識や判断は限定づけられているのかを優先的に問う知性の姿勢のことである」という意味での「批評性」のあり方を、三原順の作品は、今も示して続けているのだと思う。自分がそれをどれだけ実践できているかどうかはまた別の話なのだけれど。

2005/02/06

暗黒のシステムインテグレーション2

 森正久『暗黒のシステムインテグレーション2 コンピュータ文化の夜明けのために』(アイ・ディ・ジー・ジャパン, 2005)を読了。読み終わって一週間……はまだたってないかな?
 前作もこりゃえげつない、という話のオンパレードだったが、今回もまたすごい。情報システムの構築を請け負う側の一SEの視点から見た、いわゆるIT業界の実相、ということになるわけだが、コンサルの口八丁、営業と実働部隊の軋轢、法務部門と前線の乖離、思い付きが暴走する発注側企業、上層部間の取引に翻弄される現場……といった具合に、こりゃひどい、と思いつつ、いや、そういえばうちのとこでも……という事例が満載。絶望的な展開の話が多い一方で、以外に読後感が明るいのは、著者のまっとうなバランス感覚と、問題意識のおかげだろう。
 職人の伝統の復活、とか、モノづくりによる日本経済の復活、などという話を聞くが、本書を読むと、情報システムの構築や維持こそ、実は職人技の世界だということがよくわかる。よく考えてみれば当り前のことだ。仕事の段取りやサービスの仕方、コミュニケーションのあり方は、その企業や組織に固有の側面があるわけで、そういうところに密着した情報システムは、ほとんどの場合、オーダーメイドにならざるを得ない。できあいのメニューの組み合わせだけで何とかなるような世界ではないってことだ。
 そして、合理化やリストラ、コスト削減という名目によって、優れたIT職人が活躍の場を奪われていく様子が、本書では度々描かれている。もし、本気でモノ作り日本の復活を願うのであれば、「情報システム」というモノを作る職人の復活を考えるべき、などと思わず考えてしまう。いや、ほんとに。
 もう一つ、特徴をあげるとすれば、悲劇的な事態の原因の多くが、マネジメント層の判断にある、という事例がやたらと多いところか。日本経済の失速の原因は、良質なマネジメント層の育成に失敗したことにあるのではないか、と思えてしまうほど。これは、IT業界だけの問題ではないだろう。……っていうか、自分のことを棚上げしている場合じゃないか……。
 巻末には、同じ『Windows Server World』の連載で、こちらも既に単行本化されている『システム管理者の眠れない夜』の著者、柳原秀基との対談もあり。「ウィン・ウィン」の話が出たら気をつけろ、とか、短い中に、実に含蓄のある話がいろいろ。ブラックなネタ満載でありながら、単なる愚痴ではなく、問題に立ち向かっていこうと呼びかける姿勢には救われる。
 対談でもう一つ。技術を使いこなすためには中身を知る必要があるし、知るためには無駄がどうしても必要だ、という指摘と、最後の「自分で判断する力を」という言葉が重い。効率化の美名のもとに行われた切り捨てによって、失われたものの大きさを、どれだけ多くの組織トップや経済評論家が自覚しているのだろう。

2005/02/04

やりなおし教養講座

 まただんだん読了本が溜まってきてしまった。まずは、村上陽一郎『やりなおし教養講座』(NTT出版ライブラリーレゾナント, 2004)を。
 恩師の一人の本だけに、最近はやりの教養教育論ものの一冊、といいたくはないのだけれど、一応、そういう体裁で売られている本ではある。
 書き下ろしならぬ語り下ろしなので、あの口調とリズムを思い出しながら読むと、個人的には何ともいえない味わい。若干口語ならではの表現に違和感を感じなくもないけれど、全体としては読みやすい編集だと思う。
 それにしても中身について感想を書くのは何とも難しい。教育に関して論じる際に難しいのは、論者がどうしても自分が受けた教育を基準にしてしまうことだ、という話(どこで読んだんだっけ……)があるが、本書も、教育論として読むと、弱点丸出しの一冊、ということになってしまう。何しろ、著者の少年時代からの知的基礎が、どのように形成されたのか、父親の世代まで遡って論じる本なのだから。これを一般的な教育のあり方を論じた本として読むと、共感する人、しない人が、真っ二つに分かれて、なんとも不毛なことになってしまうだろう。
 が、著者は、どこまでも自分の体験を一般化することに対して禁欲的だ。むしろ、自分の体験を、特殊個別的なものとして限定しつつ、自分の考え方や感じ方のベースになっている知的体験がどのようなものだったのかを、次の世代に対して、伝えるために語っている、という感じ。
 もちろん、バリバリと説教(?)も入っているし、「教養」に関する歴史的蘊蓄もちゃんと踏まえられてはいるので、そういう意味では教育論として読めてしまう。読めてしまうのだけど、むしろ、一人の学者が、自らの知的遍歴の若き頃を振り返った、そういう一冊として読んでほしい、と思ってしまうのは、不肖の弟子の斜め読みかなあ。
 あ、ちなみに、『哲学、女、唄、そして… ファイヤアーベント自伝』みたいな、色恋話は出てこないので、期待しないように。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ