« 山口晃展 | トップページ | 物語大英博物館 »

2005/11/28

マンガと公共図書館

 先日(2005年11月26日)、久しぶりにマンガ史研究会に参加してきた。
 発表テーマが「マンガと公共図書館」では、こりゃ何としても行かねばなるまい。
 発表者は横浜市立中央図書館の吉田倫子さん。雑誌記事索引で確認すると、ヤングアダルトサービスや、公共図書館におけるマンガの扱いに関して、継続して発言されてきている方だということがわかる。
 おそらく今回の発表内容についても、何らかの形で文章にまとめられるのだと思うので(期待してます)、内容の詳細についてここで紹介することはしないが、とりあえず(私なりにまとめた)要点はこんな感じ。

・最近の日本におけるコンテンツ振興政策には、保存やアーカイブの視点が欠如している。
・行政だけの問題ではなく、研究者や評論家も、マンガの保存の必要性について、積極的な発言を行なっていない。(大塚英志『「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか』(角川書店角川oneテーマ, 2005)が、数少ない例外)
・文化の継承、人材の育成の基盤として、マンガの保存機能・研究機能を持った、マンガ専門のアーカイブが必要であることを、強く訴えたい。
・保存のためには、紙質が悪いことの多いマンガ資料の特性を考慮した、外光対策や温湿度制御が可能な施設が必要であり、既存の施設を安易に転用するには無理がある。そして、専門的な知識を持った職員の確保が必須。
・酸性紙問題などを考慮すると、物理的な保存には限界がある。デジタル化を前提にした保存を今後は考えるべきではないか。
・しかし、こうした保存機能を、一般の図書館が担うには無理がある。保存機能と普及機能は、分けて考えるべき。公共図書館や学校図書館は、普及を中心的な役割と考えるべきだろう。
・マンガを読むためのリテラシーが、子供たちから失われつつあり、マンガの普及について、本気で取り組むべき時期にきている。
・マンガ喫茶では、個々の作品を読むだけで完結してしまい、作品の背景や、関連する資料へのつながりを持たせることができない。図書館がマンガを所蔵し、提供する意義はそこにある。
・しかし、公共図書館や学校図書館関係者は、長い間、マンガをまともな図書館資料として認めず、収集方針を明確に持っている場合であっても、小説等とは異なる基準を設けて、限定的に扱っているのが現状。多くの公共図書館では、購入ではなく、寄贈が主な収集手段となっている。
・こうした現状を変えていくためには、市民と、研究者が声をあげていく必要がある。今回の発表は、そのための問題提起を目指した。

 という具合か。ちょっと省略しすぎかもしれないけれど……。
 さて、一日たって、この問題提起に対する私自身の考え方が、少しずつ、まとまってきたのでコメントしておきたい(その場で発言できれば恰好良かったのだけれど)。

 まず、マンガの保存機関が必要であることについては、全面的に賛成。
 公立では、国立国会図書館(国際子ども図書館を含む)、国際児童文学館など、私立では現代マンガ図書館など、マンガ資料を保存している機関はあることはあるが、公立の施設はマンガ「も」集めているだけであって、マンガ資料の特性を配慮した保存・提供体制を組んでいるわけではない。そして、現代マンガ図書館は個人の力に多くを負っており、永続的な保存のためには、財政面を含めて、より強固な体制が必要だろう。
 とはいっても、具体的な組織形態をなかなかイメージできないのが、自分の限界か。今、公立の施設としてありうるとすれば、国立近代美術館フィルムセンターのような、親組織(フィルムセンターの場合、実際にはさらにその上に独立行政法人があるわけだけれど)の下にぶら下がる形態か、と妄想してはみるものの、それが理想的かというと……。うーむ。
 実際の運営そのものは、NPOだろうが何だろうが、色々な形態が考えられるとは思うものの、財政基盤が脆弱では何にもならない(民間でできることは民間で、とはいうものの、儲からないことに金をしっかり出してくれる「民間」はさほど多くはない)。何か妙案はないものか。
 内容についてはデジタル化、ということになるのだとは思うものの、実はデジタルデータを保存する方法はまだまだ手探り状態なので、デジタルデータのみでの保存は望ましくないのではなかろうか。デジタルからフィルムに出力してバックアップ、といったことも必要になるかもしれない。
 また、マンガを印刷された紙の状態で保存することも重要だろう。印刷・製本の状態も、将来的には、重要な情報となるはず(国立国会図書館のように、カバーを廃棄し、製本しなおしたりしている資料は、資料としての情報量は実は減ってしまっている)。現物保存の原則は(困難なのは確かだけれど)可能な限り守りたいところだ。

 公共図書館や学校図書館におけるマンガ、という問題については、門外漢もいいところなのだけれど、マンガを読む為のリテラシーの育成と、教養としてのマンガの必要性を、社会的にどこまで認めさせられるのかが、一つの分かれ目、という気がする。マンガを読む基本的能力を身に付けている、あるいは、代表作やその時その時に注目される作品を読んでいることが、社会生活を営むために必要な基盤である、という認識が、ある程度の割合の人たちに共有され、かつ、社会的に発言力の大きな人たちがそのことを強く主張する状況が生じれば、流れは大きく変わりうるだろう。
 一方で、研究会の席上、内記稔夫現代マンガ図書館長が、結果として貸本屋は公共図書館に駆逐された、といったような意味のこと(もうちょっと表現は柔らかかったかも)を語っていたことが印象に残っている。内記館長によると、かつての貸本屋は、一人一人の利用者に合わせて、読書相談にのったり、内容紹介をしたりと一種のレファレンス機能を果たしていたという(資料の装備のノウハウも、貸本屋が開発したものを図書館が採用していったものも結構あるらしい)。そういう話を聞くと、私立の有料公共図書館として、貸本屋やマンガ喫茶を発展させていく道もあってもいいような気もしてくる(それもまた、困難な道ではあるが)。……が、そのためには貸与権がやっかいか。うーむ。

 マンガと図書館の関係は、社会全体におけるマンガの位置づけによって決まってくるものだろう。マンガに関わる全ての人が、マンガを単なる消費財として消費して捨て去るのか、それとも、重要な文化的財産として認めるのか。後に続く全てのサブカルチャーにとっても、試金石になりうる問題ではなかろうか。ぼちぼち、正念場が近づいてきたかなあ。

« 山口晃展 | トップページ | 物語大英博物館 »

コメント

 こんばんは。ブログ持っていないのでトラバできませんが、本人のレジュメよりレジュメっぽい詳細な要約、ありがとうございました。
 気がつけば雑誌にAV、マンガにYA…と、図書館では冷遇されてる資料ばかりに言及しているんですよね、私。そのたびに「文化の保存、継承」を考えてばかりいます。メメント・モリみたく、「大宅文庫を思え」とか、「現代マンガ図書館を思え」とか。

 『「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか』だって、実のところちょっとしか言及していないんですよ、アーカイヴには。全部の評論に目を通せてる訳ではないから、あの程度の言及なら他にもあるかも、です。とはいえ、大きな声となって収束したり、何らかの動き=保存運動のようなもの?ができていないのは事実ですね。「アーカイヴ作れよ」って影響力のある方たちに大きく声をあげてもらって、「こんな方法なら可能」というところを司書や学芸員などプロが具体的な提言をしていかないと…という問題意識で今回発表させてもらった訳です。論文にしないとね、ほんと。

 今回の大前提として、「コンテンツ振興を本気で考えるなら、知的基盤を整えないと先細りっしょ??」というところから始めたので、マンガ・リテラシーや旧作に関する教養が社会的に必要と認められるかどうか、は不問に処しました。っつーか、それは多分無理かなーーと。文化的には一段上にある音楽や映画の保存すら満足に出来ていないでしょ?さらにゲームやアニメ(これが後に続くサブカルチャー?)は、マンガより悲惨な状況にある訳で。正念場…ですね。遅きに失した、になる前になんとかしたいものです。

御自らのコメント、ありがとうございます。

ほんとうは、その場でこういう議論ができればよかったんですが、どうも頭の回転が遅くて(悪くて?)すみません。

文化財(私的には出身学科への義理もあるので「文化資源」といいたいところですが)が残るかどうかは、残すべきだ、と訴え、働きかける人がいるかどうかと、その呼びかけに応える人たちがいるかどうかが、ポイントなんだと思います。

今回の発表を、やっぱり残したいよなあ、と思っている人をつないでいく、一つのきっかけにしたいですよね。マンガ学会の動きも、可能な限りサポートしていきたいと思います(その前に加入しないといかんのですが)。

「マンガ・リテラシーや旧作に関する教養が社会的に必要と認められるかどうか」は、本当は、コンテンツ育成策を考えている人たちが必然的に考えなければならないことだと思うんですが、どうもそうなってないのがなあ、という感じです。サッカーのレベルを上げるためには、その裾野を広げなければ駄目だったのと同じことなんだと思うのですが。うーむ。

あ、それから、この記事にトラックバックを打ってくれている、

極私的脳戸/日々の与太
夜ぅのはいうぇいにがおぉー!、あるいは本日の文化な問題
http://yabu.s5.xrea.com/note/?itemid=838

も、ぜひともご一読を。

 メールの初心者です
古い漫画の蔵書に関しては北海道立図書館が国際こども図書館に次いでいます。
これは中堅の取次ぎである栗田出版が本社で見本として展示していた本をある時期に寄贈したようです。データーを一寸みた感じでは若干ミスがあるようです。
 地理的に活用が困難ですが、何かの参考になればと思います。

大一大万大吉さま

北海道立図書館の件、ありがとうございます(反応が遅くてすみません。風邪をこじらせて寝込んでいました)。そういえばどこかで聞いたことがあります。
栗田出版のサイトを見ていたら、昭和38年に11万4000冊を寄贈しているんですね。
確かに「地理的に活用が困難」ではあるかもしれませんが、逆にその方が確実に残っていくかもしれない、という気もしてしまうのが、複雑なところです。

マンガの保存に関して
過去に国立国会図書館には超大量のマンガ本が納本されました。ところがカバーは捨てて保管します。このため,ある種の調査には支障をきたします。たとえば叢書の番号がカバーのみに存在するケースです。例は太平洋文庫の漫画全集の初期です。番号がないために,シリーズ・叢書とは認識されません。おまけに太平洋文庫は集英社と同様に,発行年月日を初版ではなく,再版再刷の日付です。
 貸本マンガの復刻がようやく行われるようになりましたが,いわゆるジンク版特有の味が再現するのは困難です。作家が製版の工程を理解して原稿を描いた場合,鑑賞にふつごうです。
 極端な例ですが,貸本のカバーは一度に3冊のカバーを印刷して,後で切り離す時もあります。どれかの作品の出た,描かれた日付が判明すれば,他の作品に適用できます。
※ 神経衰弱もどきに一緒にでたカバーを探しますが。復刻ではこの作業が不可能です。
地道にデーターを集めるしかありません。
 勝手な事を書きました。

 大一大万大吉さん、重要なご指摘、ありがとうございました。
 カバーの情報源としての重要性は、長い間指摘されていながら、カバーと本体の両方を保存するための方策は、ほとんど研究されていないような気がします。
 公共図書館で資料をカバー付きで提供しているのは、長期の保存を考えなくていいからですし……。

 obaさん、読書日記のブックマーク、ありがとうございました。こちらの記事にTBしておきます。

 obaさん、読書日記のブックマーク、ありがとうございました。こちらの記事にTBしておきます。

図書館のすぐれちゃん、真珠書院、あがさクリスマスを応援してください!
よろしくお願いします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/7366302

この記事へのトラックバック一覧です: マンガと公共図書館:

» 夜ぅのはいうぇいにがおぉー!、あるいは本日の文化な問題 [極私的脳戸/日々の与太]
「マンガと公共図書館」(読書日記)、読んでてホントにそうだよなぁ、と唸ったのだった。 公立では、国立国会図書館(国際子ども図書館を含む)、国際児童文学館など、私立では現代マンガ図書館など、マンガ...... [続きを読む]

» マンガと公共図書館 [備忘録]
 研究会へ出席。今日のお題は「マンガと公共図書館」。  いろいろと誤解はあるかと思いますが。私のまとめはこんなん。 ・まんがを図書館で収集する必要性  これは、すで [続きを読む]

» 『「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか』大塚英志/著 [スチャラカランナーの日々]
 「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか 読みました。  全体の約8割程度を占める前段部分は退屈でしたが、後半の問題の指摘(この部分こそが「なぜ敗れるか」を示している)はさすがに業界内部の人だけあり、非常に興味深く読みました。  そもそも業界市場の規模はともあれ現実にはほとんどまともに成立していない市場というのがもともと私の見解で、それはアニメーターの大部分は生活保護レベルの所得しか得ておらず、普通... [続きを読む]

» わが青春のゴーショーグンチーム (1) [図書館員の愛弟子]
 タイトルを見るとアニメオタクネタなんですが…図書館の話を先に。 のっけからリン [続きを読む]

« 山口晃展 | トップページ | 物語大英博物館 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ