« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/14

明治デモクラシー

 坂野潤治『明治デモクラシー』(岩波書店岩波新書, 2005)は、以前紹介した『昭和史の決定的瞬間』(筑摩書房ちくま新書, 2004)の明治版、といった趣。
 大きく違うのは、明治初期においては、大日本帝国憲法という決定的な縛りがまだなかった、というところ。前半は、地方の民権運動の担い手と、ルソーの影響の濃い愛国社との複雑な関係、あるいは、愛国社と福沢諭吉系の交詢社との対立など、交通も通信制度も発達しない状況下で、政府の弾圧を受けつつ、議会と憲法をいかにすべきか、という議論が激しく戦わされていたことが、当時の出版物などを題材に語られていく。
 議院内閣制と二大政党制を主張する福沢諭吉系の交詢社の憲法草案のくだりなど、これが明治憲法の基礎に据えられていれば、後に国家主義者があれほど跳梁することはなかったろうに……とついつい、歴史のIFを思わずにはいられない。
 が、こうした可能性に満ちた時代はあっけなく終りを告げる。自由民権運動は、憲法と議会の成立が政府側から約束された段階で収束していってしまうのだ。
 そして、間に大同団結運動を間に挟んで、大日本帝国憲法の時代となる。実は、本書の大同団結運動を論じたくだりがまた劇的で面白いのだが、いったい大同団結運動とは何ぞやということを短く説明するのは、私の筆力では無理。ぜひ本書を手に取って読んでいただきたい。
 さて、大日本帝国憲法の発効は、議会が持つ力を憲法そのものによって決定的に制限された状態から、いかにして間接民主制を基礎に置いた国家運営を現実的な運用として実現していくのか、という苦闘の歴史の始まりでもあった(このあたり、著者が戦前期の議会を論じる際と問題意識は共通している)。
 例えば、初期の議会においては、大日本帝国憲法の規定をどう運用するのか、という点について、政府と議会の間で真剣な対立があったことが、本書では論じられている。何と、大日本帝国憲法には、文武官の俸給と任免は天皇の専権事項であるという規定と、天皇の大権に属する支出については政府(ちなみに、明治憲法下の政府は議院内閣制ではないので、内閣は議会に対して直接の責任関係はない)の同意なくして議会はこれを廃したり削減したりできない、という規定があるのだ。いかに議会が官僚を減らして行政改革を行なうことを主張しても、この規定を組み合わせてそのまま運用すれば、不可能としかいいようがない(公務員的には、思わず、ちょっと明治憲法もいいかも、という気分に……)。
 第一回議会において、この規定を楯に、議会における予算審議を無視しようとする政府に対して、中江兆民は解散も辞さずの態度で臨んだ……のだが、ここで議会審議がいつまでも紛糾し続けたのでは、議会の存在意義が問われる、と考えたのが、板垣退助。状況を打開すべく、板垣退助率いる自由党土佐派が政府側につき、予算案はあっさり通過してしまう。ちなみに、この結果、中江は議員を辞職して抗議の意を表しているのだが、中江の辞職を支持したグループと、支持しなかったグループを区分けすることで、中江が議員に留まって戦えた可能性を検討していたりするあたりが(これまた歴史のIFだが)面白かったり。
 その後も、この問題を巡って、予算審議のたびに議論が起こったそうだが、最終的に日露戦争を経て、官民調和路線が定着し、議会を通じて政府の活動をコントロールする、という意味での主権在民論は、敗退することになる。
 他にも、二大政党制への動きが、どのように挫折したのか(二大政党、という形態がなかなか実現しないのは、別に今に始まったことではなかったりするらしい)、とか、色々な挑戦と、成果と、敗北が、本書では描かれている。
 さらに、著者は、大正期の美濃部達吉、北一輝(若い頃はバリバリの民権家だったとは初めて知った)の議論を最後に辿ることで、明治デモクラシーの遺産について、検証を行なっている。その中で、天皇機関説が、いかにアクロバティックな(?)論理を駆使して、天皇の権限を議会によって制限する根拠を導き出しているかを、個々の条文にそって検討を加えていく部分があるのだが、このあたりを読んでいると、現行の日本国憲法の筋の良さにしみじみとせざるを得ない。また、北一輝に至ってはさらに過激で、本書で紹介される北の「万世一系」主義批判は痛快ですらある。
 それにしても、本書を読んでいると、明治からこっち、何度同じ議論を繰り返しているのだろう、という感想が湧いてくるのは否めない。過去の議論から学び、乗り越えていくための基盤としての図書館は、(戦前のみならず戦後も)ほとんど役に立っていなかった(いない)のではなかろうか。ちと考え込んでしまった。

2005/12/12

満州と自民党

 これも読み終わってから若干時間がたってしまった一冊。
 小林英夫『満州と自民党』(新潮社新潮新書, 2005)は、岸信介の満洲国における経験と人脈が、戦後においても大きな影響力を持ったことを論じている。ちなみに、岸は短期間ではあったが満洲国政府高官を歴任し、特に経済政策において大きな役割を果たしたことで知られている。そして、日本本国に戻ってからは、戦時中の統制経済運営の中心であった。単に60年安保の時の「悪役」ってだけじゃあないのだ。
 本書のポイントは、戦前・戦中と戦後を連続したものとして記述しているところだろう。戦犯裁判や公職追放などで一時的な切れ目はあるものの、戦前の指導者層は、終戦時に比較的若かった世代(岸もその一人)を中心に、米国による占領の終了とともに表舞台に復帰し、戦後日本のリーダーとして時代を引っ張っていった。著者は、そのことを、岸信介とその周辺の人物たちを中心に明らかにしている。
 特に、統制色の強い経済政策で乗り切ろうとしていた戦後の経済的な混乱期にその傾向が強い、という指摘がなるほど、という感じ。満洲国→戦時期日本→戦後初期の日本、という形で、統制経済を担う人脈とノウハウが脈々とつながり続けていて、こうした築かれた経済的基礎の上に、高度成長が実現していく、という話の展開には、思わず納得してしまう。
 政治的には、自民党の成立に岸が果たした役割を検証しつつ、短期間で首相となるまでには、満洲人脈という背景が大きな役割を果たしていたことも論じている。自民党長期安定政権を支える基盤は、政治、経済の両面で、岸信介と満州人脈なくして成立しえなかったのではないか、というわけ(タイトルの由来はここに)。
 このあたり、現在の自民党の政策と比較しながら読むのもまた一興かと。
 植民地一般にまでは議論が展開されていかないものの(若干の示唆はあり)、戦後につながる人材を育てた場としての旧植民地という評価の難しい問題を、分かりやすく提示した一冊。ただ、戦前の植民地化政策の単純な礼賛に使おうと思えば使えてしまう話ではあるので、今後、妙な形で利用されないといいなあという気も。

2005/12/05

物語大英博物館

 そういえば、ここのところ、まともに本の感想を書いていない。まったくもって、看板に偽りありだ。
 とりあえず、相変わらず通勤電車の中で本を読んではいるので、ネタの蓄積がないではないはずなのだけれど、一方でどんどん感想を忘れていってしまうので、あんまり蓄積されていなかったりする。
 まあ、とりあえず、久しぶりにちょっとだけ。あんまり褒めない感想で何なのだけど、自分の問題意識のメモ代わりとして、書いておくと後で思い出すきっかけになりそうなので。

 出口保夫『物語大英博物館 二五〇年の軌跡』(中央公論新社中公新書, 2005)は、評価しにくい一冊。大英博物館(The British Museum。それにしても、いつまで「大英」と呼び続けるんだろう、という話をどっかで読んだような。どこだっけ)の歴史を、代表的ないくつかのコレクションを構築した人物を中心に概観した一冊。
 といいつつ、大規模な改装によって甦ったReading Roomから語り起こしたり、図書館と一体だったころに通い詰めた著者の思い出話がひょっこり出てきたりと、大英図書館に関する言及もちらほら。
 が、英国の国立図書館史への目配りや、19世紀に分離した自然誌コレクションについての記述は、正直物足りない感じもする。主役は、現在の大英博物館なのだから、あまりその辺をいってもしかたないのだけれど。
 それよりも、本書を読んでいて気になるのは、大英博物館に収蔵されている文化財の価値が、無条件に高いものだとしているように読めてしまうことかもしれない。それほど話は単純ではないだろうと、ついつい思ってしまう。文化財が貴重であることが、普遍的なことであるなら、日本の博物館・美術館は、今のような苦しい状況に追い込まれてはいないはずだ。むしろ、何故、貴重なモノとして社会的に認められていったのかをこそ、語ってほしいのだけれど……。あそこにあるモノが文化財として価値あるものと見做されるに至るには、もっともっと紆余曲折があったんじゃなかろうか。
 もちろん、入門的なガイドとして書かれた本書に、そういった観点を求めるのはお門違いなのかもしれない。しかし、どうにも物足りなさが残ってしまった。
 また、最近話題(?)の、ギリシャからの返還要求とか、掠奪品を返せ、といった運動については、著者は批判的、というか、そもそも掠奪じゃない、という主張を、本書のそこここで(若干遠回しに)表明している。むしろ、そのあたりの話を正面から書いていてくれれば、より論争的で面白い本になったような気も。あとがきで「本書が扱うテーマと次元を異にする問題」であるとしているけれど、本当にそうなんだろうか。
 あ、あと、人名と団体名は原綴をどっかに書いておいてほしかった。王立学士院って何だっけ? と思ったら、The Royal Societyのことだったとか、若干訳語で戸惑うことが。原綴の表記がないと、本書を片手に大英博物館に行く人が困るんじゃないかなあ。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ