« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/31

活字の国、朝鮮 朝鮮活字印刷文化との出逢い

 前日、天理参考館で『活字の国、朝鮮 朝鮮活字印刷文化との出逢い』(会場:高麗美術館 会期:2006年7月7日〜8月6日)のチラシを発見。朝鮮活字本に焦点を当てた展示会なんて、ちょっと聞いたことがない。この機会を逃しては、こんな展示は二度と見られないかも、という危機感(?)もあって、慌てて高麗美術館に出掛けることにした。
 京都駅から市バス9系統に揺られて30分以上。上賀茂神社の近くに、高麗美術館はあった。大きな博物館ではないが、庭に石像が展示されていたり、塀の瓦にも「高麗」の文字があったり、なかなか面白そうな雰囲気。
 ちなみに、行きのバスでは、偶然、同じ職場の人とばったり(目的地も一緒)というハプニングがあって、ちょっとびっくり。世の中狭い。
 展示は、冒頭に活字そのものの展示と、途中、日中欧と印刷文化史の比較を行なうコーナーが挟まる他は、とにかくずらっと朝鮮活字本が並ぶ。しかも、配布されている展示リストには41点しか掲載されていないのに対して、実際の展示は、100点を明らかに超えていたのではないか(数えてないけど)。
 高麗美術館所蔵資料だけではなく、個人蔵の資料と、京大、近大の所蔵資料を組み合わせて、同じ内容、あるいは関連する内容の資料が、様々な活字(あるいは活字本を覆刻した整版)で印刷されていたということが展示で展開されていた。
 とにかく、これだけの量の朝鮮本をまとめて展示すること自体、おそらく国内では前人未到の試みではなかろうか。しかも、各資料ごとに、どのような材質の、どの書体の系統の活字が使われているかが細かく記述されているという綿密さ。
 とはいえ、できれば、朝鮮活字の素人向けに、主な活字の系統についての解説パネルなどがあるともっと理解しやすかったとか、色々、細かい不満はなくもなし。展示番号なしの資料については、あちこち名票に混乱があって、どれがどの資料のことなのかわからないとか、名票に書かれている資料の数と並んでいる資料の数が合わないような気がするとか。あと、一点だけ、どう見ても写本にしか見えない資料か混じっていたような気がするんだけど、気のせいかなあ……。
 おそらくギリギリまで資料の追加が行われた結果、一部混乱してしまったのではないか、などとついつい想像してしまった。まあ、半可通のいうことなので、あまり本気にしないように。実は単なるこっちの勘違いかもしれない。
 それはさておき、これまで実在が疑われていたという瓢箪(ひょうたん)を素材とした「瓢箪活字」の実物が発見され、展示されていたり、学術的な側面からみても、内容は充実。
 ぜひ詳細な解説目録がほしいところだけれど、残念ながらそれはなし。代わりに、といっては何だけれど、今回の展示の監修者である、河廷龍(ハ・ジョンヨン)氏が、『高麗美術館報』66号から「高麗美術館蔵典籍紀行」と題して、主要所蔵資料の解説を連載しているのを発見。最新号の71号では、今回の展示会の背景や趣旨を解説している(とりあえず、これだけ買ってきた)。朝鮮本の書誌学については、あまり日本語で読める文献がないので、貴重な連載ではなかろうか。
 常設展示は、いわゆる李朝家具が中心。触ってはいけないのだが、かなり近づいて見ることができるので、素材の使い方とか、李朝家具の特徴をじっくり見ることができる。この手のものが好きな人にはたまらないだろう。
 ところで、瓢箪といえば、天理参考館の展示の朝鮮文化のコーナーで、瓢箪を材料にした面が多数展示されていたことを思い出した。瓢箪活字も、そういった瓢箪加工技術の蓄積があって作られたのかも、などと想像してみたり。

2006/07/30

天理図書館教祖120年祭記念展特別展示・7月

 昨日は「教祖120年祭記念展特別展示・7月 ものがたり/一般展示 近世名家の自筆本」(会場:天理大学附属天理図書館2階展示室 会期:2006年7月22日〜30日)を見に行ってきた。
 詳しくは知らないが、どうやら天理教団のこども向けのイベントの日だったらしく、全国から集まった小学生くらいのこどもで商店街が埋め尽くされている。その中をくぐり抜け、天理図書館へ。
 会場は打って変わって、人気がない。受付と監視役のアルバイトらしき学生(居眠りしかかってたなあ)を除けば、貸し切り状態である。のんびり見られて良かったけれど、何とももったいない気も。
 特別展の部の方は、源氏物語を中心に、鎌倉期の写本が並ぶ。と書くと、なんてことはないように読めるかもしれないが、そもそも、鎌倉期の写本を「並べる」なんてことは、普通はできない芸当ではなかろうか。中身は、升形本で綴帖装、といういかにも古写本らしい古写本と、絵巻や奈良絵表紙を組み合わせた構成。
 一般展示の方は、8月以降の展示の際も継続されるもの。伊藤仁斎、新井白石、荻生徂徠、頼山陽、契沖、本居宣長、平田篤胤、上田秋成、大田南畝、滝沢馬琴、井原西鶴、松尾芭蕉、近松門左衛門、松平定信、井伊直弼と、教科書に出てくる人名がてんこ盛り。さすがは天理図書館。
 ついでに、天理参考館にも立ち寄ってきた。小ぶりな民博、という話は聞いていたけれど、これほどとは……。特に、朝鮮半島、台湾、中国東北部、東南アジアの資料が充実……ということは、要するに大東亜共栄圏なのだと思うのだけれど、その辺はさすがに脱色された展示構成になっている。
 しかし、これほどの施設を造り、維持することができるのであれば、もうちょっと天理図書館にも金を回していいんじゃなかろうか……と、いうのが正直な感想ではあったりする。うーむ。

2006/07/23

【未読】橋川時雄の詩文と追憶

 未読なのだけれど、取りあえずメモ。
 今村与志雄編『橋川時雄の詩文と追憶』(汲古書院, 2006)は、実は植民地図書館史研究の基本資料となる一冊。
 何しろ、橋川が関わった、東方文化事業総委員会、北京人文科学研究所に関する一次資料を収録している。特に、橋川が帰国時に中国側から公布された文書や、吉田茂宛の報告書(東方文化事業層委員会本体だけではなく、満鉄関連資料についても言及あり)など、東方文化事業の終焉に関する一級の資料ではなかろうか。さらに、本人の回想談や、詳細な年譜も収録。
 私家版としての出版も検討されたそうだが、(高いけど)こうして一般に頒布されてよかった。汲古書院えらい。

2006/07/22

古本通

 樽見博『古本通 市場・探索・蔵書の魅力』(平凡社新書, 2006)を読了。
 『日本古書通信』で編集者を長年務める筆者ならではの(特に東京を中心とした)古書業界についての解説(取引方法の変遷などなど)や、古書・古本の楽しみ方の紹介といった内容を、コンパクトにまとめた入門書的一冊……なんてことは、あちこちで紹介されているみたいなので、余計な話か。
 実用的(?)な情報だけではなく、再版本における装丁の変遷や、装丁者と著者、出版社との関わりを、著者の古本探索の経験に基づいて語る「古本探索の楽しさ」の章では、「研究」というものが、大学アカデミズムの外部のあちこちにごろごろ転がっているものだということを、分かりやすく示していて楽しい。実はここが本書の白眉かも。
 本書を読んでいて、何となく気になったのは、日本における「本」の代表は、何故「文学作品」(特に小説・詩歌)なのだろうか、ということ。古書価が高いのも、やはり文学系が多いような気がするし。本書は入門書だし、著者の関心も文学作品の周辺にある以上、ごちゃごちゃいっても無い物ねだりなのは承知しているけれど、「本」の世界が文学作品以外にも広がっていることを(目配せしていないわけではないのだけれど)、もうちょっと書いてほしかったなあ。
 それと思わぬ収穫は、『全国古本屋地図』の新版が出ない理由が説明されていたこと。なるほど。そういわれてしまうと、まあ、そうだよなあ、としかいいようがないのだが、せめて10年に一回くらい、紙の形でまとめておいてくれないものか。いや、これも無理筋の願いなのかもしれないけれど……。

2006/07/20

京都大学文学部創立百周年記念展示 百年が集めた千年

 これまた、更新休止期間中の落ち穂拾い。
 「京都大学文学部創立百周年記念展示 百年が集めた千年」(会場:京都大学総合博物館2階企画展示室 会期:2006年6月9日〜7月9日)に出掛けてきた。
 1906年(明治39)の京都帝国大学文科大学創設から百年を記念した展示。……にしては、ちょっと展示点数が少なかったような気も。文学部図書館所蔵資料を中心に、インキュナブラなどの洋書、古写本・奈良絵本などの和書、朝鮮古活字本などのアジア資料などを展示。西田幾多郎、原敬関係文書など、近代の文書・原稿類なども。
 リーフレットが配布されていたのだけれど、コレクションとしての解説が展示パネルのみだったのがちょっと残念。図録ができないなら、ウェブでパネルで出していた解説だけでも公開してくれないものか。
 ついでに、「コンピュータに感覚を−京大情報学パターン情報処理の系譜−」(会場:京都大学総合博物館2階企画展示室 会期:2006年6月7日〜8月27日)も、ざっと眺めてきた。こちらは、坂井利之京都大学・龍谷大学名誉教授記念展という趣。京大情報学の基礎を築いた坂井氏を中心にした研究テーマの年表が壁に大きく展示されていて、これが面白かったのだけれど、図録もウェブでの公開もなし……。何とかならないものか。長尾眞先生を中心とした電子図書館研究に至る流れも、この年表で辿れるようになっていて、図書館史的にも面白い資料だったりするのだけれど。

2006/07/17

龍谷大学大宮図書館改修記念特別展/天理図書館教祖120年祭記念展特別展示・6月

 更新をさぼっている間に、「龍谷大学大宮図書館改修記念特別展 所蔵稀書と図書館歴史資料」(会場:龍谷大学大宮学舎本館1F展観室 会期:2006年5月18日〜31日)に行ったり、「教祖120年祭記念展特別展示・6月 連歌と俳諧/一般展示 日本の古印刷」(会場:天理大学附属天理図書館2階展示室 会期:2006年6月22日〜28日)に行ったりしているのだけれど、感想を書き損ねてしまった。
 ココログのレスポンスが改善したので、ぼちぼち書き込んでおくことに。

 龍谷大学の方はフルカラーの図版がたっぷり入った図録が無料配布だったのでびっくり。しかも、(現在の中国の)大連図書館から、大谷光瑞が満鉄大連図書館に寄贈した資料が出展されていて、これまたびっくり。その他、1930年代からNDCを採用しつつ、仏教関連の部分だけは拡張したRDC(龍谷大学十進分類法)を採用していた(今もこの分類はまだ生きている)とか、図書館史的にも面白い話やら資料あり。展示スペースはさほど大きくはなかったものの、内容は充実。大谷探検隊関連資料も結構出ていた。
 主催・協力等詳細については、龍谷大学のイベントカレンダー5月18日分を参照のこと。中身もウェブで公開してくれないかなあ。

 天理図書館の方は、今年の1月から始まった月替わり特別展示の6月分。1月から5月を見逃したので、今後は毎月通わねば(12月まで)。中身は、過去の天理ギャラリーでの展示のおいしいとこを圧縮したような感じ。ああ、それなりに買い揃えてあった天理ギャラリーの図録、引っ越しの時にほとんど売っちゃったよ……。愚かなり、自分。
 今後の日程・テーマについては、天理図書館ホームページの「教祖120年祭記念展の御案内」を参照のこと。

2006/07/09

デスマーチ ソフトウェア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか 第2版

 エドワード・ヨードン著,松浦友夫・山浦恒央訳『デスマーチ ソフトウェア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか 第2版』(日経BP社, 2006)をようやく読了。
 未だに読書時間の確保がろくにできず、前回更新からえらく間が空いてしまった。
 時間とか、体調とか、週末に出掛けてしまうと、ついついあちこちフラフラしてしまって夜まで帰ってこないとか色々重なってこういうことに……。
 今後は、心を入れ替えて更新したいところなのだけど、はてさて。あ、通信速度が遅くなった、という影響もなくはなかったんだけど、これは来週には劇的に改善される予定。
 というわけで、『デスマーチ』第2版。
 「デスマーチ・プロジェクト」という概念を広く世に知らしめた名著の全面改訂版だ。「デスマーチ・プロジェクト」というのは、「プロジェクトのパラメータ」が正常値を50%以上超過したもの……といっても何のことやらだが、要するに、スケジュールが本来必要な期間の半分以下、とか、予算が半分以下、とか、人員が半分以下、とか、達成すべき性能が2倍以上とか、そういうプロジェクトのことである。もちろん、そういう条件下でも成功するものはなくはないわけで、そういうものが「プロジェクトX」扱いされ、持て囃されたりするのだが、大部分は死屍累々となり、関係者は心と体に深い傷を負う結果に終ることになる。
 初版を読んだ時には、デスマーチ・プロジェクトという概念そのもの持つ衝撃力に圧倒されて、身も蓋もないがまさにその通りだ、と(自らの所属組織の状況を思い起こしつつ)思わず納得、かつ事態の救いようのなさを痛感させられた記憶がある。
 第2版では、若干印象が違う。著者の主張は、デスマーチに巻き込まれたら、とにかく生き残れ、そのためにできることが何なのかを考えろ、ということに尽きる。もちろん、実際にデスマーチに巻き込まれ、燃えつき、ズタズタにされた人たちを身近に見てきた著者にとって、それは切迫したメッセージなのだけれど、一方で、著者は一概にデスマーチを否定することもしない。
 「プロジェクトX」のごとく、何か画期的に新しいことをやろうとすれば、それはほぼ必然的にデスマーチ的なプロジェクトになってしまう。新しい可能性に賭けることまで否定してしまっては、元も子もない、ということだろう。それに、著者はこの第2版で、デスマーチは例外的なケースではなく、もはや常態であると指摘している。確かに、当り前にそこにあるものをただ否定してもどうにもならない。
 そんなこともあって、何となく、全体的に前向きな印象が強い(実は初版もそうだったのかもしれないが、どうしたわけか結構暗い話ばかりが頭に残っている)。だからといって、デスマーチの困難さが減るわけではないのだが、士気が少しでも下がることが大きなリスクになるデスマーチ・プロジェクトを乗り切るためには、この前向きさが必要なのかもしれない。
 本書の大部分は、デスマーチ・プロジェクトのプロジェクト・マネージャーになってしまったらどうするべきか、という問題に対する回答に費やされている。もちろん、どんなデスマーチ・プロジェクトでも解決することのできる、銀の弾丸は存在しない。考慮すべき問題と、大まかな方向が示唆されるだけではあるが、何もないよりははるかにマシなはずだ(もちろん、日本ではそのまま使えないところも結構あるので注意)。読んでいる暇なんてない、という場合には、政治と交渉に関する部分と、トリアージの部分だけでも、読んでおくとよいのでは。
 第1版もそうだったが、今回も、草稿段階のものを著者のウェブサイトで公開し、それに対して寄せられた意見を活かす、というやり方で執筆されている。巻末に、本文中でその一部が引用された意見の全文が収録されていて、このデスマーチ経験者たちの意見が泣ける。実は、この部分こそ必読かもしれない。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ