« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/27

地名の巨人 吉田東伍

 千田稔『地名の巨人 吉田東伍 大日本地名辞書の誕生』(角川書店角川叢書, 2003)を読了……してから随分たってしまった。
 もともとは近所の本屋でたまたま手に取った一冊。角川書店で地名、とくれば、『角川日本地名大辞典』が頭に浮かんで、何となく買ってしまったのだけれど、実際には、『角川日本地名大辞典』についてはまったく言及なし。現在も歴史地理学の基本文献といわれる『大日本地名辞書』をほぼ独力で執筆・編纂した、吉田東伍の伝記なのだから当り前といえば当り前なのだけれど……。
 吉田東伍(1864-1918)については、阿賀野市立吉田東伍記念博物館のサイトが詳しいので、そちらを参照のこと。本書は、あくまで在野に留まりつつ、巨大な研究成果をまとめあげた吉田の伝記であり、また、その学問を再評価する試みでもある。
 吉田の履歴は、結構波乱万丈で、まとめるのが難しい。知的活動、という意味では、近代における新たなメディアであった新聞を舞台に、教育論や歴史研究について論じるところから出発しているのだが、履歴としては、教員になったり、志願兵になってみたり、北海道に開拓に出掛けたり、日清戦争の従軍記者になったりと、一貫性のあるようなないような。
 学歴の面では、いわゆる西洋式の歴史学の薫陶は受けず、むしろ、近世における地域史研究の継承者であったといえそう。その方法は、文献や発掘に基づく実証主義的なもので、地域史研究においては、欧米の歴史研究の方法論の導入以前から、ある程度の文献を基礎に置いた研究手法が確立されつつあった、ということをうかがわせる。
 交流のあった人物も色々出てくるが、図書館史的には、市島春城との交流が目を引く。市島が新潟新聞にいた頃、吉田は度々この新聞に寄稿しており、市島はその力量を高く評価していて、直接、議論を戦わせることもあったという。その縁で、北海道から帰った吉田は、一時市島のもとに身を寄せていたりする。
 それと、『大日本地名辞書』の執筆には全国に散らばっていた厖大な史料を渉猟する必要があったはず。ただ、その方法論や人的ネットワークについては、本書では断片的にしか明らかにされていない。そこが残念、という気もするが、それはまあ無い物ねだりというものだろう。
 何故か、著者は吉田が朝鮮併合をどう評価していたのかにこだわっているのだが(戦後その辺りを理由に吉田の業績が評価されなくなっていったのかもしれない)、吉田自信がどうもはっきりと書いていない以上、帝国の版図が広がること自体については常に前向きだった吉田であれば、朝鮮文化に対する思い入れとの間で、相反する気持ちがあったのではないか、という程度に留めておいてよいのではないか。反対だった、と明記するのは、読み込みすぎかな、という気もする。
 それはともかく、本書で紹介される吉田の行政区分に関する議論(当時も地方行政区域の合併が盛んに行われていた)を読んだりしていると、こうした地域の歴史を遡りつつ、現在のあり方を考える、という吉田の方法論が、現在、奈良県立図書情報館の館長を著者が務めていることにつながっているのかな、とふと思ったり。いや、これも読み込みすぎ、というものかもしれないけれど。

2006/09/24

天理図書館教祖120年祭記念展特別展示・9月

 昨日は毎月恒例「教祖120年祭記念展特別展示・9月 キリシタン版と勅版/一般展示 近世名家の自筆本」(会場:天理大学附属天理図書館2階展示室 会期:2006年9月22日〜28日)を見に出掛けてきた。
 今回はキリシタン版と勅版、ということで、共通点は江戸時代のちょい前からから初期(文禄から慶長あたり)、という出版の時期と、「活字」ということか。
 キリシタン版は残存数がとにかく少ないこともあって、まとめて複数の資料を見られる機会が少ない。今回展示された重要文化財6点を同時に見られる機会自体、今後もそうはないだろう。僅かしか残っていないという事実に江戸幕府によるキリシタン禁制政策がいかに末端まで徹底されていかを感じるとともに、同時に、それでも現在まで残ってきた、という事実に単純に感動してしまったり。
 キリシタン版というと、キリスト教に関連する文献か、伝導のための説話的なものばかり、という印象があったのだけれど、太平記の抜粋版まであったとは知らなかった。もちろん、キリスト教布教の観点から再編集された太平記だったりするらしい。
 勅版は、天皇による出版事業。中国の文献を、朝鮮のノウハウを取り入れて新たに作らせた活字(ただし、金属ではなく木活字が主)で印刷している。勅版というと、この時期くらいしか聞かないところを見ると、この時期に財政的にも朝廷に余裕があって、文化面での優位性を主張しようとする動きとかがあったのかもしれない。よく知らないけど。
 今回展示を見ていて初めて気がついたのだけれど、キリシタン版と勅版には共通点がもう一つあった。どちらも、デザイン上、漢籍を強く意識しているということだ。今回展示された資料は、どれも、版心のところに魚尾がある。それだけではなく、上中下三分割された上と下に太く黒い線が印刷されている。これを「黒口」というらしいが、漢籍の中でも元版によく見られる形式だったはず。それと同じような版心が、キリシタン版でも、勅版でも採用されている。
 言ってみれば中身も「漢籍」である勅版はともかく、キリシタン版まで漢籍のデザインを踏襲していたとは、今の今まで気がつかなかった。これまでも図版は何度も見ていたつもりだけれど、飾り罫などに見られる西洋的要素に目を奪われてしまっていたかもしれない。こうした版心をなぜ採用したのか、検討した論文があったら、読みたいなあ。

2006/09/18

インテルMacとtesla

 間抜けなことに、転んで右の手の平にちょっと深めに擦り傷を作ってしまい、しばし更新できず。擦り傷だからか、どうにも治りが遅く、未だに完治していないのだけれど、あともう少しで治りそう、というところまでたどり着いた。
 その上、ついつい誘惑に負けて、MacBook Pro 15" 2GHzを購入。移行に手間取って(それでも、以前に比べたら随分楽になった)ますます更新が遅くなってしまった。
 移行で最も心配だったのが、Mac OS Xでソフト的に親指シフト入力を可能にする、というTeslaが、Tiger (Mac OS X 10.4)に(ということは当然ながらインテルMacに)対応していない、ということだったのだが、素晴らしきかなオープンソース。公開されているソースコードから、Tiger用にビルドする方法をまとめてくれる方々がおり、その情報のおかげで何とかなった。

Macと親指シフトの掲示板(2006年9月18日現在アクセスできず)
Miscellanium of Keisuke Kamimura(特に、「MacBookでTeslaが動く!……誤謬と訂正」「MacBookでTeslaが動く!……追加情報」の二つのエントリー)

試行錯誤の過程と結果を公開してくださった方々にはいくら感謝しても足りないほど。ちなみに、私の場合は、Mac OS X 10.4.7で、ソースコードを修正してビルドした結果、一応動作している模様(たまにうまく動かなくなるような)。X codeのバージョンは2.2.1でした。
 あとは、Paralles Desktopも導入してWin2000をインストール。これで、Gyaoやバンダイチャンネルも見られるようになって一安心(何が?)。
 とはいえ、インテルMacでも動作するウィルス対策ソフトが案外まだ出ていなくて、焦ったり。ちなみにこれは、ウィルスバリアを購入して対応。
 まだ何かとありそうだけれど、全体としては、思っていたよりも、インテルMac未対応のソフトもそれなりに動く、という印象。まあ、これから色々問題が出てくるのかも。それはそれで楽しみのうち、ということで。

(同日追記)
 Teslaについて。現在アクセスできない状態になっている「Macと親指シフトの掲示板」で報告されていた(はずの)、一度ログオフして再度ログインすると駄目、といった症状が生じていることに気付いた。何やら、何かのプロセスを再起動したりすると良かったような(そしてそのためのスクリプトも誰かが書いてくれていたような)気がするんだけど、思い出せない……。まあ、再起動すれば治るんだけど。
 何にしても、インターネット上の情報は気がついた時に手元に保存しておかないと駄目、ということを痛感。

2006/09/02

60000

 おやおや、いつの間にやら、ユニークビジター数の合計が60,000を突破。
 ココログにもようやく標準のカウンターが用意されるようになったのだけれど(いや、待たされました)、しばらくこのままにしておくか。
 新しいアクセス解析機能がなかなか面白くて、これを使って色々見ていると、『フラット化する世界』とか『時かけ』みたいな時事ネタ(?)を除いては、見事なまでにアクセスされるページがばらけていることがわかって面白かったり。ロングテール?
 といいつつも、総ページ数が増えている割には(って、そんなに増えてないか)、総アクセス数は増えていないような気がするので、この程度のコンテンツ数ではロングテール効果は出ない、ってことなんだろうなあ。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ