« 60000 | トップページ | 天理図書館教祖120年祭記念展特別展示・9月 »

2006/09/18

インテルMacとtesla

 間抜けなことに、転んで右の手の平にちょっと深めに擦り傷を作ってしまい、しばし更新できず。擦り傷だからか、どうにも治りが遅く、未だに完治していないのだけれど、あともう少しで治りそう、というところまでたどり着いた。
 その上、ついつい誘惑に負けて、MacBook Pro 15" 2GHzを購入。移行に手間取って(それでも、以前に比べたら随分楽になった)ますます更新が遅くなってしまった。
 移行で最も心配だったのが、Mac OS Xでソフト的に親指シフト入力を可能にする、というTeslaが、Tiger (Mac OS X 10.4)に(ということは当然ながらインテルMacに)対応していない、ということだったのだが、素晴らしきかなオープンソース。公開されているソースコードから、Tiger用にビルドする方法をまとめてくれる方々がおり、その情報のおかげで何とかなった。

Macと親指シフトの掲示板(2006年9月18日現在アクセスできず)
Miscellanium of Keisuke Kamimura(特に、「MacBookでTeslaが動く!……誤謬と訂正」「MacBookでTeslaが動く!……追加情報」の二つのエントリー)

試行錯誤の過程と結果を公開してくださった方々にはいくら感謝しても足りないほど。ちなみに、私の場合は、Mac OS X 10.4.7で、ソースコードを修正してビルドした結果、一応動作している模様(たまにうまく動かなくなるような)。X codeのバージョンは2.2.1でした。
 あとは、Paralles Desktopも導入してWin2000をインストール。これで、Gyaoやバンダイチャンネルも見られるようになって一安心(何が?)。
 とはいえ、インテルMacでも動作するウィルス対策ソフトが案外まだ出ていなくて、焦ったり。ちなみにこれは、ウィルスバリアを購入して対応。
 まだ何かとありそうだけれど、全体としては、思っていたよりも、インテルMac未対応のソフトもそれなりに動く、という印象。まあ、これから色々問題が出てくるのかも。それはそれで楽しみのうち、ということで。

(同日追記)
 Teslaについて。現在アクセスできない状態になっている「Macと親指シフトの掲示板」で報告されていた(はずの)、一度ログオフして再度ログインすると駄目、といった症状が生じていることに気付いた。何やら、何かのプロセスを再起動したりすると良かったような(そしてそのためのスクリプトも誰かが書いてくれていたような)気がするんだけど、思い出せない……。まあ、再起動すれば治るんだけど。
 何にしても、インターネット上の情報は気がついた時に手元に保存しておかないと駄目、ということを痛感。

« 60000 | トップページ | 天理図書館教祖120年祭記念展特別展示・9月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/11943940

この記事へのトラックバック一覧です: インテルMacとtesla:

« 60000 | トップページ | 天理図書館教祖120年祭記念展特別展示・9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ