« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/26

天理図書館教祖120年祭・開館76周年記念展 江戸時代の西洋学

 先の週末は、病み上がりを押して(風邪を引いてました。まだ咽が痛かったり。)恒例教祖120年祭記念展特別展示の特別版「教祖120年祭記念・開館76周年記念展 江戸時代の西洋学」(会場:天理大学附属天理図書館2階展示室 会期:2006年10月19日〜11月12日)を見に出掛けてきた。
 江戸時代後半を中心に、蘭学・洋学関連資料を展示。いつもは、特別展と一般展示に分けて使われていた会場を全面的に使用(というわけで、今回は一般展示は見られません)している。他の特別展はまとめて一冊の図録だけれど、今回は図録も独立して販売。
 全体は「1.草創期の蘭学」「2.解体新書の時代」「3.フェートン号事件」「4.幕末の西洋学」の4部構成。江戸時代に輸入された来歴を持つ資料を含むオランダ語の洋書(蘭書)や、蘭学・洋学者たちによる代表的著作や自筆原稿、他に伝本のないレアな資料なども。桂川、大槻、といった蘭学の名家や、松平定信(「白河」印)の蔵書印なども楽しめる。さすがに来歴が豪華。17世紀製作の地球儀も展示されていて、目を惹く。
 残念ながら図録には掲載されていないが「38 芥川角太[ほか]写 鷙鳥之図 文化8−天保3写 1冊」は、長崎に入ってきた輸入鳥類を記録した大型の図譜。オウムや駝鳥の図画鮮やかだった。「41 宇田川榕庵画(自筆) 植物図 文政6写 1冊」も、図録に掲載されていないが、鮮やかな色彩、シーボルトのものらしき書き入れ(榕庵とシーボルトが植物の名称を互いに書き込んだらしい)など、これまた注目。
 今回の図録は、フルカラーなのはよいのだけど、収録されていない図版や解説が多いのが残念。モノクロでもいいから、全部の展示資料の図版と解説を載せて欲しかったなあ。
 また、他に伝本のない蘭学関係資料の写本をいくつも含む、戸板(多々良)保佑編『崇禎類書』は何やら面白そうな資料。戸板保佑(といた・やすすけ 1708-1784)って、もともと和算の人みたいなんだけど、何者? 『洋学史事典』に項目立ってる割に、仙台藩の天文方で、京都で改暦のための観測や計算をしていて、関流の伝書を集成(これが関算四伝書)して藩に奉呈。うーん、わからん。どうも関算四伝書の他、天文四伝書というのがあって(仙台藩天文学史 資料庫 天文四伝書 序文を参照)、その一部が崇禎類書らしい。序文が「宮城県史12」に掲載されているようなので、これも藩に収められて、今も仙台に写本があるのかな。

2006/10/23

論文捏造

 村松秀『論文捏造』(中央公論新社中公新書ラクレ, 2006)を、これまた少し前に読了。
 著者はNHKのディレクター。本書は、BSドキュメンタリーとハイビジョン特集で放送された「史上空前の論文捏造」をベースに、映像版には入りきらなかった取材の成果なども踏まえて書かれている。
 題材になったのは、高温超伝導(「高温」といっても普通の感覚からすれば低温なんだけど)の分野で画期的な成果を次々と発表し、ノーベル賞受賞も間近とまで見られていた若手研究者が、実は捏造を行なっていたことが明るみに出て、表舞台から姿を消した、という事件。捏造はどのように行われたのか、何故長期間発覚しなかったのか、厖大な取材を元に明らかにしたのが、ドキュメンタリーと本書、ということになる。単なるスキャンダル暴きではなく、この事件を通じて、自然科学における研究が抱えている問題点があぶり出されているところが読みどころ。映像の方は、見たくても簡単には見られない(さっさとネットで配信してくれー)ので、こういう形で出版されたのはとてもありがたかったり。
 この事件の主人公、ヤン・ヘンドリック・シェーン(Jan Hendrik Schön)については、Wikipediaにも項目が立っている。Wikipediaでは、取り下げられた論文がリストアップされていて、Scienceで8論文、Phsycal Review Journalsで6論文、Natureで7論文とこれだけでもすごい数。これだけの数の論文が、こうした一流誌に掲載されていたわけで、業績評価のプレッシャーのかかる多くの研究者にとっては(そのまま認められ続けていたとすれば)羨ましい限り、といってよかったのではないか(ちなみに、Google Scholarでauthor:jh-schonを検索すれば、撤回された論文や撤回の対象となっていない(のかな?)論文について、引用された件数をある程度確認できる)。
 本書で著者も驚きをもって報告しているが、ScienceにしてもNatureにしても、比較的初期の段階から捏造の疑いが指摘されていたにも関わらず、まったくチェック機能を果たしていなかったし、そんなチェックはできないということを編集部側が当然のこととして発言していたりする。トップクラスのインパクトファクターを維持し続ける雑誌にしてこれでは、高額の購入費をはたいて購入を続けている全世界の図書館はどうしたらよいのやら、と呆然としてしまうくだりだ。
 どうやら、自然科学の学術誌であっても、スクープ合戦と同じで、世界的に注目され、引用されるような、最新の画期的研究成果を報告する論文を奪い合っているということらしい。シェーンはそうした状況をうまく利用して、ScienceとNatureを競わせていた疑いさえあるという。だとすれば、自然科学におけるいわゆる狭義の科学コミュニケーションのシステムが、一部で機能不全を起こしている、ということになるだろう。やれやれ。
 特許や産業化が絡む領域では、知識や情報の共有や、開かれた議論は行なわれなくなる、という背景も指摘されている。事件の主要舞台となったベル研究所がルーセント・テクノロジー配下になっていたことも、実は本書で初めて認識。ITバブル崩壊直後で、これだけの派手な成果を出せば、そりゃ研究所側は(少なくとも初期段階では)庇おうとするわなあ。
 ベル研で、シェーンが捏造を行なうことになる高温超伝導研究のプロジェクトを率いた高温超伝導研究の第一人者バトログ(Bertram Batlogg)のインタビューや、ドイツにあるシェーンの母校コンスタンツ大学(Universität Konstanz)での取材など、その調査・取材は徹底している。もちろん、本書に、あるいは、映像に使われたのは、実際に行われた取材のほんの一部にすぎないだろう。一つの主題をドキュメンタリーとしてまとめるために、それだけのことをやって、しかも、見事にまとめあげることができるだけるスタッフがNHKにはいる、ということは、もうちょっと認識されてよいのでは。
 NHKへの風当たりの厳しい昨今ではあるけれど、こういう仕事のできる人たちを潰すような「改革」とやらが行われないことを祈る。

2006/10/15

デザインという先手

 川崎和男『デザインという先手 日常的なデザインガンビット』(アスキーMAC POWER BOOKS, 2006)をこれまたしばらく前に読了。
 Mac Powerの連載をまとめた本としては、6冊目。連載後の動向を踏まえた若干の追記があったり、連載時とは一部異なる順で配列した部分もある。
 例の札幌市立大学学長就任辞退騒動(「全国国公私立大学の事件情報」の2004年08月23日のエントリー「札幌市立大、市長が学長を切った!? 教員の人事権・選考方法で対立 トップダウン望む川崎氏VS上田札幌市長」あたりを参照のこと。)の渦中の発言の記録でもある。札幌市に対する激烈な批判ぶりは著者の真骨頂……というのはさておいても、この問題に関心のある向きは、本人の発言として読んでおくべきだろう。
 これまでの5冊にもそういった面はあったけれど、今回は、友人の死、大きな手術など、著者が様々な転機に向き合った記録という側面が強い印象がある。その分、切れ味の良い文章を期待する向きには、物足りない面があるかも。
 それでも、例えば、構造設計書偽造事件を巡っては、意匠設計が優先されるばかりで、構造と設備が下請け化してしまう業界構造を指摘しつつ、さらに、その問題について、有名建築家たちがまったく発言しないことについて厳しい批判を行なっていたりする。痛快。
 実はMac Power誌を読まなくなって久しいのだけれど(この著者の連載以外は読むところがほとんどなくなってしまったので)、これはまだ毎月読んでいたころの連載をまとめたもの。連載自体はまだ続いていて、三年弱分が一冊、ということは、次が出るのは(順調にいけば)また3年後ということになる。連載時に読んでいない状態で読むと、どんな感じになるのか、今からちょっと楽しみ。

2006/10/11

四天王寺べんてんさん青空古本市

 先週末は、「第6回 四天王寺べんてんさん青空古本市」(会場:四天王寺 会期:2006年10月6日〜10月10日)に行ってきた。思いの外大きな古本市でちょっとびっくりしたり、池に亀が大量にいるのに驚いたり、職場の人にばったりあったり。
 収穫はこんな感じ。

三省堂編『書斎と読書』三省堂 昭和16年
中川童二『ランカイ屋一代 わが博覧会100年史』講談社 昭和44年
『齋藤昌三翁蔵書売立目録』明治古典會 昭和39年
『天業奉頌』紀元二千六百年奉祝会 昭和18年

 『書斎と読書』は、雑誌『書斎』に掲載されたエッセイからの選集。元新聞記者の平野零児による帝国図書館批判エッセイと、松本喜一のエッセイが並んで掲載されていたので、ついつい購入。書物蔵のエントリー「帝国図書館長松本喜一についての文献」でも取り上げられているので、そちらもご覧を。
 『ランカイ屋一代』は戦前・戦中、博覧会の展示を請け負う「ランカイ屋」として活躍した著者による博覧会回想録。朝鮮博覧会や、戦中の各種博覧会についての記述が多数あるようなので、購入。
 『齋藤昌三翁蔵書売立目録』は昭和39年(1964)6月10日に神田の古書会館で行なわれた追悼記念売立会の目録。本文8ページの小冊子。実際の売立ての対象になった本は「本目録には少数より収録出来ませんが、その数は数千に及びます」とのこと。少雨荘文庫の最後をちょっとだけうかがえる一冊。巻末の峯村幸造「少雨荘文庫への言葉」によると、「地元図書館の交渉を経て、今ここに少雨荘文庫が集められた世の大海に戻ろうとしている訳である」とあるので、どこかの図書館に入る可能性もあった、ということなのかなあ。
 『天業奉頌』は、紀元二千六百年祝典記録の抄録。かなりの部数刷られたのか、もともとそんなに高くないので、安いのを見つけたらそのうち買おう、と思っていたら1800円だったので購入。

2006/10/09

種の起原をもとめて

 新妻昭夫『種の起原をもとめて ウォーレスの「マレー諸島」探検』(筑摩書房ちくま学芸文庫, 2001)を、これまたしばらく前に読了。何を今頃読んでいるのかと起こられそうだけれど、今頃読んでいたりする。
 ダーウィンと同時期に、ダーウィンと独立して、自然選択による進化の概念を確立したウォーレスの、その進化論確立までの歩みを、様々な資料と、そして、著者が「ウォーレスごっこ」と呼ぶウォーレスの歩みを現地に赴いて自らたどり直す旅の経験を通じて明らかにした一冊。
 労働者階級に生まれたウォーレスは、標本採集業者として、アマゾン側流域(これは標本と記録を載せた船が沈没したことで失敗に終わる)、そしてマレー諸島を探検し、動植物の標本をヨーロッパに送ることで生計を立てていたそうな。その採集の合間に、文献を読み、論文を投稿し、ダーウィンやベイツと文通しながら、生物地理学の基礎を確立し、さらに進化論を磨き上げていく、ということになる。恐るべき行動力。
 それでいて、強い上昇志向を持ちつつも、「種の起源」刊行後のウォーレスの徹底した謙虚さと、ひたすらダーウィンを立てる姿勢がたまらない。加えて、あくまで事実に基づいて実証的に論じようとする姿勢や、明晰な論証力など、なんとも興味深い人物像が本書によって浮かび上がる。ダーウィンの影に隠れた形になったのは、ウォーレス自身の選択だったようだけれど、ついつい、一部の科学史家が判官贔屓したくなってしまうのも分かる気がする。
 内容的には、ウォーレス自身に関する記述だけではなく、著者自身が体験した現地の情景あり、当時のイギリスにおいて投稿できる学術誌や、学会が階級ごとに分かれていたりといった、時代背景に関する記述あり、と盛りだくさん。が、文体がガチガチの論文体ではないので、案外楽に読める。
 著者はもともと動物学者。そのフィールドワークの経験と方法論が、原典に遡ってきっちり読み込んでいったり、社会的背景や地理的状況まで踏まえて検証しようとするあたりに活かされているような気がする。理文の方法論の境界線を越えた一冊、という言い方もできるかも。
 それにしても、この文庫版すら既に絶版、というのは早すぎやしないか。

2006/10/04

天神さんの古本まつり

 先日、「第9回 天神さんの古本まつり」(会場:大阪天満宮境内 会期:2006年9月27日〜10月2日)に行ってきた。会期後半ということもあったのだろうけれど、あまりこれは、というものは拾えず。と、いいつつ買っているのだけど。
 100円均一台では、労働問題系の資料が大量に出ていて、ちょっと切ない感じ。「組合対策」という意味での重要性が薄れたことと、働くことが抱える問題とをごっちゃにしてはいかんと思うのだけれど。
 この100円台では、2冊購入。

『増加図書著者名目録 昭和15.1-16.3備付』協調会図書館 昭和15年7月
『岩波講座生物学[別項] 生物学関係雑誌書目調べ 編集後記』岩波書店 昭和5年11月

 前者には協調会大阪支所の蔵書印とラベルあり。どうも大量に100円台に並んでいた労働関係資料は、この協調会大阪支所の旧蔵資料だった可能性が高い。協調会については、その資料を引継いだ大原社研のサイトにある「協調会史料」のページが比較的詳しい様子。ところで、戦後、この大阪支所の資料はどういう経緯を辿って、現在の散逸に至ったのだろうか。気になる。
 岩波講座の方は、当時刊行されていた(この時点で廃刊されていたものも若干含まれている模様)生物学関係(農林水産学・医学関係を含む)の学術誌約500誌の一覧。編集後記の「雑誌名其他の調査は、主に実物の表紙によつたのでありますが、案外表紙に誤植が多いのです」という一文に、編纂作業の苦労を思う。
 その他、各店のテントでは、次の三冊を購入。

『彷書月刊』2000年8月号 特集・満洲の異色学校
『最新 和本相場全集』古典社 昭和14年1月
『読書世論調査30年 戦後日本人の心の軌跡』毎日新聞社 昭和52年8月

 『彷書月刊』は買い逃してた一冊。
 『和本相場全集』は一冊の中身が前編・後編に分かれていて、後編は『古本年鑑・昭和八年版』(この時買ったやつかな?)に収録されたものとのこと(前編は新編集)。古典籍資料(漢籍等も含む模様)の当時の相場が分かる、という代物。大阪市北区天神橋筋の「畑幸雄書店」「幸文堂書店」(どちらも住所は同じなので、店名を変えただけみたい)の印あり。
 『読書世論調査30年』は1947年から1976年までの調査の集大成。それにしても、この時期の月刊誌部門における『文芸春秋』と『家の光』の強さは尋常ではない。特に『家の光』の影響力はもっと語られてしかるべきではなかろうか。
 とりあえず、来年に向けての反省として、虫よけを持っていくべきだったと激しく後悔。どういうわけか蚊が多い。本を持ったその手の平の端っこを、本の影に隠れた状態で刺されてしまい、痒いというより痛いほど(やっと痒み/痛みが引いてきた)。帰りの地下鉄でも待っている間に腕を刺されてしまうし。恐るべし、大阪の蚊。
 あと、天満橋筋商店街の和cafe間に間に(「まにまに」と読むらしい)は旨かった。とはいえ、古本漁りに来たおっさん一人で入る店じゃなかったかも……。

2006/10/01

兵学と朱子学・蘭学・国学

 前田勉『兵学と朱子学・蘭学・国学 近世日本思想史の構図』(平凡社選書, 2006)を、これまた少々前に読了。
 幕末における学問・思想における対立軸は、東洋対西洋で表現できる、というイメージがあったのだけど、本書を読んでその認識の甘さを痛感。そんな単純な二項対立的歴史理解を大変分かりやすく崩壊させてくれる一冊だ。
 大体、考えてみれば、国学(特に本居宣長系の)が仮想(?)敵にしていたのは、中国由来の朱子学等の「漢学」だったわけで、「西洋」対「東洋」という枠組みだけでは、物事が語れないのは当り前なのだった。指摘されないと分からない自分が浅はかなだけ、という話もあるが、話はこれでは終らない。
 どういうわけか、本書のタイトルは「兵学」で始まっている。
 中国や朝鮮では、儒学・朱子学を学んだものが、科挙によって選抜されて官吏となる。江戸期の日本はどうだろう。いくら朱子学を学んでも、普通は官吏にはなれない。時々取り立てられる学者はいたにせよ、幕府なり藩の運営を支えたのは武士であって、中国・朝鮮における官吏の役割も武士が担っていた。では、中国型の試験によって選抜された官僚による行政ではなく、武士による行政を支えていた学問は何だったのか。それが「兵学」であった、というのが本書で踏まえるべき論点の一つだ。この認識を出発点にして、朱子学や蘭学の位置づけをしなおす、というのが本書の趣旨、ということになる(……と思う)。
 特に、メキシコの研究誌からの江戸時代の思想の通史をという求めに応じて書かれた序章が刺激的。「兵営国家」を常態化させたのが江戸時代である、という分析に膝を打ち、商品(市場)経済の発展に応じて、それを機会と捉え個人の才覚によって成功し、その成功によって国家を救うのだ、という意識を生み出した蘭学に対して(例えば平賀源内)、経済構造の変化によって敗者となっていった人びとの不満と不安を、「皇国」「天皇」への絶対的服従という形で回収していこうとした国学、といった対比に思わず唸る、といった具合。
 各論部分も、それぞれ切り口が見事で、近世思想史の素人としては、どれも口あんぐり状態なのだが、それ以上に、神道家・増穂残口(1655-1742)や、幕府の儒者・古賀侗庵(1788-1847)といったその道の人しか知らないだろう、という人物について、写本として残されたそれぞれの著作を丹念に読み解き、その可能性や後に与えた影響を再評価していくあたりが読みどころ。一次資料に基づく緻密な分析と、全体的な流れを捉えた大胆な分析が組み合わさると強い、というお手本みたいな一冊。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ