« 2007年7月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/25

文化資源という思想—21世紀の知、文化、社会/「世界を集める」展/「植物のビーズ」展

 3連休の中日、国立民族学博物館開館30周年記念フォーラム「文化資源という思想—21世紀の知、文化、社会」(日時:2007年11月24日 13:30〜16:30 会場:国立民族学博物館 講堂)に出掛けてみた。
 それにしても、郊外から郊外への移動は時間がかかる。
 早めに出て、ゆっくり常設展を観ようかと思っていたら、案外時間が確保できず。結局、常設展料金で見られる企画展(常設展示会場内)をまずは中心に。
 一つ目は「「世界を集める」―研究者の選んだみんぱくコレクション」(会期:2007年7月26日〜2008年3月4日 会場:国立民族学博物館 常設展示場)。これも国立民族学博物館開館30周年記念の一環。民博の研究者56人(現役研究者全員、とのこと)が、一人一人、収蔵品から一点(ないし一件)を選んでコメント付きで展示する、という企画なのだけれど、これが面白い。
 通常、博物館の展示といえば、展示されているモノについての記述(どこの地域のどこの民俗の何か、とか)を行なうのが定番なのだけれど、今回の展示のコメントは、(全員ではないけれど)研究者一人一人のモノに対する関わりを語るものになっている。研究者というレンズを通して、モノ一つ一つにまつわる物語が見えてくる、という感じか。民博の常設展示だと、とにかく物量に圧倒されて個々の展示物にまで意識がいかない感じなのだけれど、この展示はそれとは対照的。
 ちなみに、図録の序文に書かれていたが、この企画は、2006年東京都写真美術館で開催された「キュレーターズチョイス」展に触発された面も大きいとのこと。異なる館種の博物館/美術館間の影響関係、という意味でも興味深い。あ、あと図録の巻末には、各研究者自身の関連著作目録を収録。
 もう一つは「植物のビーズ―つくって、つないで」(会期:2007年10月4日〜12月18日 会場:国立民族学博物館 常設展示場)。これまた、国立民族学博物館開館30周年記念となっている一方で、2005年から鹿児島大学、ラオス、神戸と、会場を移しながら行われている、トラベリング・ミュージアムの一環でもあるとのこと。鹿児島大学総合研究博物館と共催になっている。
 この展示のテーマとなっているのはジュズダマと呼ばれる植物の種子。かたくて、つやつやしていて、その上中心部に糸を通しやすいような穴が空いているために、世界各地で(特に今回の展示では東〜東南アジア)ビーズと同様に使われているとのこと。
 衣服や装飾品を中心に、様々な形態で使われているのも面白いかったが、何よりも、今回の展示品を収集した際の、研究者のフィールドノートが追加の解説付きで展示されていて、今回の裏テーマでもある民族植物学がどういう学問かを分かりやすく示していたのが印象的。
 さらに、フィールドノートに記録された情報を読み解いて示してくれることで、それぞれのモノがどういう文脈で使われていて、どういうかたちで収集されたのかを、観る側が読み取れるようになっている。これはもう、「世界を集める」展の拡大版、といってもよいのではなかろうか。研究者がどのように対象(モノとそれを使っているヒト)と斬り結んできたかを展示で表現することで、モノがただのモノではなくなる感じがたまらない。
 会場では、今回の展示品を収集したと思われる鹿児島大学総合研究博物館の落合雪野准教授のインタビュー映像を上映。これも民族植物学への熱い思いが語られていて印象的だった。
 で、お昼をレストランみんぱくで食べて(みんぱくランチのカレーは、私には結構辛かった)から、本題のフォーラムへ。
 館長挨拶の後、民博に新設された文化資源研究センターの吉田憲司センター長から趣旨説明。「世界を集める」展でも、吉田氏がコメントしていた、アフリカのザンビア共和国のチェワ族の民族舞踊の話が記憶に残った。
 元々、死者の葬送儀礼だったチェワ族の舞踊が、新しい祭の創設(1980年代だったか、90年代だったか聞きそびれた)にあたって、王に奉納される舞踊として活用され、その祭が「伝統」として注目されることで、世界無形遺産に指定された、という話だったのだが、さらに、今年の祭では、三ヶ国に跨がっているチェワ族が国境を越えて集まり、ザンビアのチェワ族の王に踊りを奉納する、という形がとられたという。しかも、その三ヶ国の首長(大統領)が揃って臨席するというおまけ付き。新しい集団のアイデンティティを生み出す効果を持ち始めている、という意味で、文化の資源化の一例となるのではないか、という話だった(と思う)。
 また、配布されたパンフにも書かれていた「これまで蓄積されたものや、これまで当り前だと思っていた身の回りの事物に新たな光をあててその価値を見いだし、そこでの発見をより多くの人びとと共有していこうという姿勢」が、「文化資源」という言葉の意味ではないか、という提起は、結局、今回のフォーラムの結論を先取りするものになっていたように思う。
 続いて、ナイジェリア大学のクリス・イクェメジ上級講師が登場。ナイジェリアにおいて、いかに文化が政治に従属するものとして扱われているか、という話から始まり、もともと一体であった芸術と技術が分離されてしまった問題などが論じられた……のだと思うのだけれど、会場が暗くなったせいか、この辺りから睡魔に襲われてしまい(早起きしたのが裏目に出た)、次のケンブリッジ大学ニコラス・トーマス考古人類学博物館長と併せて、あまり覚えていないのだった(こちらは、近代におけるマオリ族の民芸作家(?)の作品の再発見の話とかがあったような)。我ながら何と失礼な。
 続いては、東京大学大学院の木下直之教授が、博物館/美術館と似ていながらまったく異なる絵馬堂(絵馬は自然に朽ちていったり、廃棄されたりする)、保存されないまま忘れられてしまった祭礼・年中行事の際に飾られた「つくりもの」、そして現在取り組んでいる神田祭復元プロジェクトという三題噺について発表。
 民博の関雄二先端人類学研究部長は、ペルーにおけるクントゥル・ワシ遺跡で起きた、金製品の発見と、その後の地元住民による博物館運営へと至る顛末を報告。
 最後は以上のメンバーに司会の民博の川口幸也准教授を加えての討論。色々議論はあったと思うのだけれど、博物館という装置の限界を認識しつつそれを「飼いならしていく」必要を指摘した関氏の発言や、人が文化の中で生活することの重要性を指摘したイクェメジ氏の発言が印象に残っている(あんまりメモとってないので、何ともいえないのだけれど)。
 「文化資源」という言葉は、「文化遺産」や「文化財」に取って代わるラベルではなく、一つの姿勢だ、というのがとりあえずの結論なのだろうけれど、まあ、あんまり先に概念あり、という形で考えるのではなく、実践の中から、新しいあり方を見いだしていけばいいんじゃないだろうか、というのが、聞いていてのこちらの感想だったりする。
 何にしても、民博は、上で触れた二つの企画展のような新しい実践ができるのだから、様々な領域で新しい展開が可能なだけの地力はあるのでは。今後の民博にちょっと期待してしまおう。

2007/11/15

文房具を楽しく使う ノート・手帳篇

 近所の図書館で、和田哲哉『文房具を楽しく使う ノート・手帳篇』早川書房, 2004.を見かけたので、借りてきてパラパラと眺めてみる。
 基本的には、洋モノ(ロディアとかクオバディスとか)を中心にして、各製品の特徴、ラインナップを紹介する、という部分が主のなのだけれど(あ、でもツバメノートもあり)、面白かったのは、ノート・手帳の使用方法。
 複数のノートをそれぞれの特徴に合わせて使い分けるといえば当り前のようだけれど、その際、ノートとノートの関係を明確に意識することで、フローの情報とストックする情報(さらにその間を適宜の段階で分けたり)を、区分けしていく、という発想がなるほど、という感じ。ノート間を移動していくことで、自然と情報やアイデアが整理されていく、というわけだ。
 あと、PDAやパソコンの使用を排除しているわけではなく、それもまた一種のノートと捉えればよい、というのは、ちょっと逆転の発想ではなかろうか。
 まあ、とかなんとかいっても、正直、私はワープロで文章を書くことが体に染みつきすぎていて、手書きで漢字が書けないので、ノートや手帳を全然使えないのだけれど(ひらがなカタカナばかりになって、後で見返すといたたまれない代物になってしまう)。
 というわけで、紙のノートよりももうちょっと使いやすい、ある程度長文も書けるPDAがほしいと思ってしまう。今使っているw-zero3[es]もなあ……。理想は、PalmOS(でなくてもいいけど、とにかくアプリがサクサク切り替えて使えてほしい)で動いて、ブラインドタッチのできる大きさのキーボードが付いた(OASYS Pocketが限界。親指シフト希望)ものがあれば理想なんだけど、まあ、現状ではそんな製品はありえないか。
 というあたりを考えて本書を見ると、デジタルものよりも、紙のノート類の方が、多様な選択肢が維持されているような気がする。まあ、ノートでも、常に同じ製品が維持されるわけではないんだろうけど、技術の「進歩」とやらに振り回されずに済む分、まだましなのではなかろうか。とはいえ、今さら漢字の書き方を勉強する気にもなれないし。どうしたものやら。

(2007/11/21 タイトルの頭の「文」が落ちていたのを修正しました。roeさん、ご指摘感謝。)

2007/11/09

明治の話題

 そういえば、柴田宵曲『明治の話題』筑摩書房, 2007.(ちくま文庫)も読み終っていた。
 出張の時など、新幹線の中でちょろっと読んで、眠くなったらうとうとし、目が覚めたらまたちょっと読む、という読み方にぴったりだったので、少しずつ読んでいたら、もう、最初の方の話を忘れている。
 昭和37年(1962年)の時点で、明治の様子を、文学作品における記述から呼び起こしていくエッセイ集、とでもいえばよいのか。著者の柴田宵曲は明治30年(1897年)生まれ。少年の頃の記憶と、明治文学における描写が絡み合う。
 例えば、「図書館」では、三宅雪嶺の東京書籍館についての回想に始まり、上野図書館(帝国図書館)と樋口一葉、薄田泣菫、斎藤緑雨、国木田独歩ときて、話題は大学図書館へ。そして最後は夏目漱石の三四郎における大学図書館の描写で締める、といった具合。これだけネタがあっても、それぞれ深入りはせず、実質、文庫で2頁の長さでまとめてしまう。中学中退後、上野図書館で独学した著者であってみれば、かえって深く書き込みにくかったものか。
 私のお気に入りは「アイスクリーム」の話。高利貸を「アイス」と呼んでいた(「氷菓子」から)という話題に始まるのだが、続いて、著者の傾倒した正岡子規の話になると、一気に思い入れが深くなる(ように見える)。子規が「病躯を人力車に載せて神田まで行つた」際に、アイスクリームを2杯食べたという回想について語るくだり。

「この味五年ぶりとも六年ぶりとも知らず」の一語にも歓喜の情が溢れている。三十二年より五六年前とすると、子規が自由に外出してゐた頃の話になるが、二十八年の六月、神戸病院入院中にアイスクリームを喫することが、看病人のつけた病床日誌にある。或はそれ以来の出来事かもわからない。

と、ちょっとしたエピソードにも、深い考証が加えられている。単身アルス社版子規全集を編集したという著者ならではだろう。
 その他、子規によるアイスクリームを呼んだ句や、寺田寅彦のエッセイに登場するアイスクリーム(「見た事もない世界の果の異国への憧憬をそゝる」というあたりが何ともいえない)など、多彩な話題が並ぶ。
 そして、本書を最初に世に送り出した編集者(出版者?)による「あとがき」がまたいい。脱稿した著者と編集者の会話。

「面白くなけりゃ、いや、面白くないね、捨てちまっていいよ」 「いや、出しますよ」 「売れんな、絶対に売れませんよ」

 そんな本が文庫になって甦るのだから、まだまだ世の中、捨てたものではない。

2007/11/07

グアムと日本人 戦争を埋立てた楽園

 最近読んだ本では、山口誠『グアムと日本人 戦争を埋立てた楽園』岩波書店, 2007.(岩波新書)が印象に残っている。
 グアムといえば、比較的近くて安いリゾート天国としてしか、認識することができない。少なくとも他の姿は、メディアには登場しない。
 実は、太平洋戦争時の激戦地であったことなんて、はっきりいって、私自身もほぼ完璧に忘れていた。戦後28年間、日本兵としてジャングルをさまよったあの「横井さん」が「発見」されたのも、グアムだったというのに(実は本書を読んで、初めてそれを認識した私である)。
 しかも、グアムは一時、日本領でもあった。日米開戦直後に、日本軍は米国領であったグアムを占領し、「大宮島」としていた。植民地だったわけだ。当然ながら(あまり大きくはなかったようだが)、神社もあった。
 本書は、日米戦時のこうした記憶が、どのようにして日本人に忘却され、そして、私のように「忘れたことさえ忘れた」状態に至ったのかを、グアムの戦後史(と日本の観光史)をたどりながら論じる一冊である。
 グアムの日本人向け観光地化が、現地の意向とはほぼ無関係に推進された話や、宮崎県がメッカだった新婚旅行先が海外に広がっていった際に観光地としての地盤が築かれた、という話も興味深いが、より印象的なのが、繁栄する観光地の影で、米国の統治下で、米軍基地と観光に経済的に依存し、住民は米国の2級市民扱い(例えば、大統領選挙に参加することができない)、医療や社会インフラもぼろぼろで、米本国への人口流出と、フィリピンからの出稼ぎによる人口流入が止まらず、という、米国の植民地としての姿である。
 ということは、日本からの観光客は、米国の植民地に作られた、日本人向けの仮想リゾート地で楽しんでいることになる。沖縄が微妙に重なって見えるのは私だけか。
 もう一つ、台風で建物を失い、再建の目処が立たずにショッピングセンターの一角に間借りしているというグアム博物館の現状も強烈だ。観光地のインフラ整備が優先される結果、地元の文化機関への投資は、ひたすら先送りされているらしい。
 もちろん、著者はただ現状を嘆いているだけではない。本書は、リゾート地を越えた先にある、もう一つのグアムへの案内書でもある。巻末には、ほんの数ページだけれど、「もう一つのグアム・ガイド」が収録されている。歴史や文化への目配りを失い、買い物情報に全面的に占領されつつある(と本書で分析されている)既存の旅行ガイドブックへのささやかな、けれど、強烈な抵抗と読むこともできるだろう。
 グアムへは行ったことはないけれど、もしも行ったら、きっと(例えそれがヴァーチャルなものでしかないと知っていたとしても)リゾート気分を満喫してしまうような気がする。それでも、そんな機会があったら、必ず本書をカバンに入れていこう。そして、ビーチで朽ちかけたトーチカを眺めるのだ。

2007/11/06

最近行った展示会など

 すっかり、更新をサボっているうちに、またまた時間が経ってしまった。こうなると、再開するのもおっくうな感じではあるのだけれど、ちょっと久しぶりに書いてみる。

 比較的最近行った展示会はこの三つ。

国立公文書館
平成19年度秋の特別展「漢籍」(会期:2007年10月2日〜21日)

 「漢籍」とは何なのか、ポスターとかにはまったく説明がないのに、結構、人が入っていたのが印象的。重要文化財の力か。いや、説明しないことで、何だこれ、と思わせる作戦だったのかもしれない。
 約50点強を展示。漢詩、儒教・歴史関連文献が、結構使われてた感じがするのに対して、小説系が保存状態めちゃめちゃ良かったりするのが面白い。漢籍とはいっても、和刻本(伏見版とか)や、朝鮮本もあり。
 北宋本はなかったけど、南宋本はごろごろ。内閣文庫はさすがに懐深いなあ。

印刷博物館
雑協・書協創立50周年記念世界出版文化史展「百学連環−百科事典と博物図譜の饗宴」(会期:2007年9月22日〜12月9日)

 和漢洋(ちょっとイスラムも)の百科事典的な著作の系譜を辿る展示。
 展示自体は色々出てて面白かったのだけど、書誌的事項の記述があんまりなくて、ちょっと興ざめ。とはいえ、西周の提示した「百学連環」というキーワードを軸に、和洋東西横断的に、知の集積と体系化の試みを集積する、という目論見自体は、刺激的だ。
 図録は重いけど、その分、読み物としては充実。樺山紘一「百学連環、もしくは西周の理想」とか、今橋理子「科学と芸術、そして俳諧文学」とかがあり。展示とは独立した書物として成立する編集になっている(でもまだ読んでない)。展示ではあまり大きく扱われていなかった、イスラムにも一章割かれているのも特徴か(鈴木菫「イスラム世界と百科事典」)。ただ、巻末の展示資料リストでも、書誌的事項の記述はあんまりなし。漢字圏以外の資料については、原語でのタイトル、書誌事項表示はあってしかるべきだと思うのだけれど。

天理図書館
開館77周年記念展「中国の絵入本 明・清時代の版本を中心に」(会期:2007年10月19日〜11月11日)

 こちらも50点強を展示。宋版・元版好き(?)には物足りないかもしれないが、絵入本という切り口では止むを得ず(といいつつ、国宝の宋版『欧陽文忠公集』があっさりと置いてあったりするところが恐ろしいのだが)。むしろ、明代、清代の板刻技術の見事さを楽しむのが正解かと。
 ポスターやチラシにも使われている『万寿盛典初集』120巻など、木版とは信じがたい細密さ。現物を見るのが一番だが、少なくとも、図録を入手して見てみる価値はある。
 その他、武英殿聚珍版(木活字版)の『欽定武英殿聚珍版程式』『農書』があったり、多色刷もいくつかあったりと、印刷史的な見どころも多数。本草は明版の『本草綱目』と『重修政和経史証類備用本草』の2点が出ていた。
 天理ギャラリーでもやってくれると、関東近辺の人には嬉しいと思うのだけど、あちらはあちらでまた別のものをやるのかなあ。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ