« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

2007/12/09

柳澤文庫「甲斐武田と柳澤氏」展

 大和郡山へ行く用事があったので、ついでに柳澤文庫へ。
 何かやっているかな、と覗いてみたら、'07年度秋季特別展「甲斐武田と柳澤氏」(会期:2007年9月25日〜12月9日)を開催していた。風情のある木造の建物に靴を脱いで入り、廊下奥右手のふすまを開けると、二間の和室があって、そこが展示スペースになっている。
 郡山城の主であった柳澤氏といえば、徳川綱吉の側近であった柳澤吉保(自身は、川越藩主、甲府藩主だったが次の代で国替になって郡山藩主に)が有名なのだけれど、甲斐武田氏と関係があるとは知らなかった。
 何と、柳澤氏は元々武田の流れを汲む家で、武田氏が滅びた後、徳川家の家臣になったんだそうな。そういう背景もあって、柳澤氏は、自らの原点として武田氏関連の資料を蒐集していたようで、それらが柳澤文庫に残されている、ということらしい。武田信玄直筆の手紙なんか展示されていて、おお、という感じ。単なる大河ドラマ便乗企画ではないのだった。
 さらに、今回の展示の裏テーマは、近世大名としての柳澤氏における軍制と、領内統治との関係という点にあったようで、甲府から郡山へと領地が変わっていく過程における、柳澤氏の軍制の変遷に関する資料も展示されていた。
 そういえば、『兵学と朱子学・蘭学・国学』なんて本の感想を書いたこともあったなあ。やはり、江戸期の武士による統治を支えていたのは、軍事的な知と制度だったのか、などと、展示を見ながら考えたり。
 ちなみに、今の大和郡山は、金魚と城趾で知られる静かな町だけれど、かつては大阪の東の守りの要衝で、京都・奈良が大火の際には消火に向かう義務を負った重要な藩だったとのこと。その藩主の家に代々残されてきた資料を引継いだ柳澤文庫には、郡山藩関連の資料だけではなく、今回展示された武田家関連資料のような、様々な資料が残されているようだ。
 私立の図書館・古文書館としての活動もユニークだし(最近では、歴史体験講座や、学習相談も行なっている模様)、配布される観覧の手引き(手作り感溢れる解説目録)も親しみやすい対話体の補足説明を導入していて、工夫が凝らされている。低金利が続く中、財団法人の運営は大変だと思うのだけれど(おそらく文庫自体は極少人数での運営ではないかと)、これからもがんばってほしい、とか、偉そうに思ってしまう。今度行ったら、友の会入ろうかな。

2007/12/01

東京人 2007年12月号 特集「昭和30年代 テレビCMが見せた夢」

 konoheさんが紹介(というか、執筆)されているというので、『東京人』2007年12月号(22巻14号(通巻248号))を購入、読了。
 こっち(近畿地域)では手に入りにくいかな、と思いきや、なぜかTSUTAYAで売っていてちょっとびっくり。
 特集は『Always 続・三丁目の夕日』公開に合わせて、「昭和30年代 テレビCMが見せた夢」。

・昭和30年代の(ということは、テレビCM草創期の)代表的、または(今から見ると)変わり種のテレビCM紹介
・当時のCMに関係するキーパーソンのインタビュー、エッセイ(柳原良平、山下鈴雄、泉大助、大橋巨泉、小林亜星)
・CMに関するエッセイ
・対談(中野翠×鹿島茂、山川浩二×天野祐吉)

といった内容。
 CM史だけではなく、特に大衆音楽史に関心のある向きも、チェックしてもよい内容ではなかろうか。特に三木鶏郎とその周辺に関する記事や証言が多い印象。一方で、アニメーション史的な記述は薄いような。柳原良平が、アンクルトリスと、桃屋ののり平、シチズン坊やが同じアニメーターだったと語っているくらいか。画面写真が結構あるので、資料的には意味がありそうだけど。
 必読は高野光平「黎明期CMの考古学。」(p.72-77)、山田奨治「なぜ見られない? 昔のCM。」(p.90-91)か。相変わらず、タイトルの最後に「。」が付くのが、『東京人』流。
 「黎明期CMの考古学。」は、初期テレビCMが、現在のように画一化されていない、多様な形式、形態を持っていたことを実例に基づき検証。現在のCMが可能性の一つでしかったことがよく分かる。
 「なぜ見られない? 昔のCM。」は、納品形態の変化に対応して、制作会社の利益確保の方法として導入された、CMの「著作権」という考え方が、今となっては再利用を阻み、また保存の道も狭めてしまっている、という現状を指摘している。
 特集全体としては懐古趣味的傾向が強いものの、一方で、歴史資料/文化史資料としてのCMの意義にも目配りされてるところがありがたい。
 特集以外では、与那原恵「昆虫の世界を自由に生きる、九十六歳の現役生物画家。」(p.110-117)が、『 ファーブル昆虫記の虫たち』シリーズ(ボローニャ国際絵本原画展で入選)で知られる生物画家・熊田千佳慕の生涯を紹介。クマダゴロー名義での絵本作家としての活躍も興味深いが、兄で詩人の熊田精華の友人であった、デザイナー山名文夫の紹介で、名取洋之助の主催する「日本工房」に入社、『NIPPON』のレイアウトを担当したといった話もあったりする(熊田五郎名義)。土門拳と親しくて、土門に「恋のアドバイス」をしたこともあったとか。写真史に興味のある向きは、ちょっと見ておいてよいのではなかろうか。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ