« 内閣文庫と昌平坂学問所旧蔵書 | トップページ | 坂井田夕起子『誰も知らない『西遊記』 玄奘三蔵の遺骨をめぐる東アジア戦後史』 龍渓書舎, 2013 »

2014/03/30

N+Note for NICOLAの使い心地

 N+Note for NICOLAは、NICOLA配列、つまり、いわゆる親指シフトキーボードを、iPadのソフトウェアキーボードとして実現した、iPad用のエディターである。詳しくはこちらの作者ブログを。

親指シフトキーボードが使えるノートアプリ「N+Note」をリリースしました。- 24/7 twenty-four seven
http://d.hatena.ne.jp/KishikawaKatsumi/20131107/1383755582

 親指シフトキーボードについては、別に詳しく説明したサイトがいくらでもあるので(例えば、NICOLA日本語コンソーシアム http://nicola.sunicom.co.jp/ 、親指シフト・キーボードを普及させる会 http://www.oyayubi-user.gr.jp/ など。どっちも更新は止まってる感じだけど)詳細は端折るが、かつて富士通のワープロ専用機に採用されていた独自配列のキーボードで、その入力効率の良さから今でも根強いファンが多い。
 私自身もそのファンの一員で、学生時代から現在まで、通常のJISキーボードで、親指シフト入力を実現する様々なソフトを渡り歩きつつ、現在も親指シフトで、入力をし続けている口だ。
 しかし、iOSについては、親指シフトを実現する方策は見当たらず、これはタブレットについては、Androidに乗換えるしかないのだろうか、と悩んでいる時に発見したのがこのN+Noteだった。
 無論、画面上にソフトウェア的に実現されたキーボードであり、物理的キーボードと比較すれば、到底入力しやすいとはいえない。しかし、iPhoneに比べるとフリップ入力のしにくいiPadにおいては、通常のローマ字入力に比べたらはるかに早く打てる。正直、思っていたよりも、ずっと打てるのでびっくりした。
 ただし、親指シフトの肝である、親指と他の指との同時打鍵の判定設定(設定メニューから、「シフトキーの遅延時間」で設定)が、緩くすると入力が遅くなり、きつくすると誤入力が増える。なかなか自分にあった設定にするのが難しい。
 それと、慣れないうちは、最下段のキーと親指シフトキーを同時打鍵しようとすると、つい親指が下に下がりすぎてしまい、微妙に画面外に親指がはみ出して、打鍵したと判定されないケースが発生したようで、入力ミスが頻発した。原因が判明した後は、意識して対応することで結構何とかなったが、最初は原因が分からず苦労してしまった。
 とはいえ、この文章自体もそうなのだが、予測変換と組み合わせることで、下書き程度には使えることがわかってきた。
 特に親指シフトユーザーで、iPad持ちの人は、多少の練習は必要だが、これさえあれば、それなりに文章を書けるようになるだろう。書いた文章は、Dropbox、Evernoteに保存できる他、メール、Twitter、Facebookに送ることができる。これで、文字数計算などができれば完璧なのだが、まあ、それは贅沢というものか。
 親指シフト愛用者で、iPadユーザーであれば入れておいて損はないアプリだと思う。

(2014-04-01 脱字修正)

« 内閣文庫と昌平坂学問所旧蔵書 | トップページ | 坂井田夕起子『誰も知らない『西遊記』 玄奘三蔵の遺骨をめぐる東アジア戦後史』 龍渓書舎, 2013 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10435/59383169

この記事へのトラックバック一覧です: N+Note for NICOLAの使い心地:

« 内閣文庫と昌平坂学問所旧蔵書 | トップページ | 坂井田夕起子『誰も知らない『西遊記』 玄奘三蔵の遺骨をめぐる東アジア戦後史』 龍渓書舎, 2013 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ