« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014/04/20

坂井田夕起子『誰も知らない『西遊記』 玄奘三蔵の遺骨をめぐる東アジア戦後史』 龍渓書舎, 2013

 1942年、南京を占領していた日本軍の一部隊によって、西遊記の三蔵法師のモデルとして知られる、玄奘の遺骨が発見される。そこから中国、日本、台湾を股にかけた、新たな玄奘の旅が始まった。汪兆銘政権による玄奘塔再建や日本占領地や日本への分骨、さらに戦後の日本の仏教界や、日中台の国際関係の中で翻弄される玄奘の遺骨…。様々な運命をたどっていく遺骨の行方と、それに関わった人々の行動を、日中台の新聞や、公文書(档案)、関係者へのインタビューにより丹念に辿ることで解き明かしていく……
 といった感じの一冊。文句なしに面白かった。傑作だと思う。
 内容紹介は、著者(@qima3 https://twitter.com/qima3 )ご自身のページ http://sakaiday.web.fc2.com/ が充実しているので、まずはそちらを。序章の試し読みもできる。
 装幀はソフトカバーだが、注や索引も完備していて、学術的検討に堪えうるだけの内容を詰め込みながら、かつ、一般書としての読みやすさにも配慮されている。読物としてのバランス感覚も見事だし、とにかく、内容が面白すぎ。国際情勢の影響を受けながら、宗教遺物が文化的・政治的資源として、いかに求められ、活用され、そして、忘れられていくのか、興味深いモデルケースとして読むことができる。東アジア近代史や、近代仏教史に関心のある人はもちろんだけど、文化資源系のみなさんにもお勧め。
 個人的に特に興味深かったのが、水野梅暁(1877-1949)が玄奘の遺骨の日本への分骨や、顕彰活動に深く関わっていたこと。水野梅暁は、私にとっては、『滿洲國立圖書館の保有せる文化的資料と其の價値』 http://id.ndl.go.jp/bib/024342793 とかを書いたりしていた人で、戦前・戦中期に仏教系中国通文化人として色々暗躍(?)してた、という印象だったのだけど、玄奘の遺骨に関わってこんなに大活躍していたとは。『水野梅暁追懐録』 http://id.ndl.go.jp/bib/000001244281 読み返したくなってきたけど、持ってない…。
 あと、驚いたのが、玄奘の遺骨が、関東では埼玉県内の寺院にある(しかも二ヶ所も!)ということ。これはその内、見に行かねばなるまい。いや、遺骨がそのまま見られるわけではないので、どう顕彰されているのかを見る、という意味ですが。他には、兵庫や大阪、有名どころでは、奈良の薬師寺にもあるんだけど、全く意識してなかったなあ……。不明を恥じるばかり。寺院に行くと、近世以前の歴史にばかり目が行きがちだったけど、近代も面白い、ということがわかったという意味でも収穫だった。
 いやー、良いものを読ませていただきました。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ