« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »

2019/05/03

五島美術館 春の優品展「和と漢へのまなざし」 2019年4月6日〜5月6日

 五島美術館の「和と漢へのまなざし」展に行ってきたので、感想をメモ(Twitterでのつぶやきを再編集)。

 今回は、五島美術館と大東急記念文庫の資料を中心にした展示。古典籍・古筆切がてんこ盛りで、眼福。

 いつまでリンクが生きているか分からないけど、

 

出品目録

https://www.gotoh-museum.or.jp/exhibition/pdf/exhibition_catalog_haru2019.pdf

 

を見ると、どんだけ重文あるんだ、という感じ。

 なお、今回、五島美術館の第2展示室は「大東急記念文庫創立70周年記念特別展示[第1部]大東急記念文庫の精華」に充てられている。「第1部」とあるように、10月にかけて4部に分けて、大東急記念文庫の特別展示が展開される。しかも後半の第3部、第4部は実質、川瀬一馬特集の模様。通うしかない。

 

大東急記念文庫創立70周年記念特別展示

[第1部]大東急記念文庫の精華―絵画、古写経、書物、名家の筆跡―(2019年4月6日~5月6日)

[第2部]海外との交流―無学祖元、王陽明の墨跡や高僧像―(2019年5月11日~6月16日)

[第3部]書誌学展Ⅰ 経籍訪古志の名品を中心に―国宝「史記」をはじめとする漢籍―(2019年6月22日~8月4日)

[第4部]書誌学展Ⅱ 近代そして現代へ―嵯峨本、五山版の名品と古辞書―(2019年8月31日~10月20日)

※五島美術館2019年度年間スケジュール https://www.gotoh-museum.or.jp/exhibition/schedule.html による

 

 さらに、大東急記念文庫の特別展示は、五島美術館、神奈川県立金沢文庫、東洋文庫ミュージアム、斯道文庫、静嘉堂文庫美術館による五文庫連携展示「特殊文庫の古典籍」の一環ともなっている。

 詳しくは同連携展示のチラシ画像を参照のこと。

 展示期間見ると、6月とかめちゃ重なってるんだけど、スケジュールどう組めばいいんだ

 

 五島美術館の展示に戻ると、今回は和漢朗詠集にスポットを当てているのがポイントかと。

 以下、出品目録番号と合わせて、メモの範囲で見どころを紹介。メモなので間違っていたらご容赦を。といっても、もうすぐ展示終わってしまうけど…

 

(2)伊予切 伝藤原行成 平安時代・11世紀

https://www.gotoh-museum.or.jp/collection/col_04/08017_001.html

 和漢朗詠集写本の断簡。大正13年に分割。

 

(6)戊辰切 伝藤原公任筆 平安時代・12世紀

https://www.gotoh-museum.or.jp/collection/col_04/08035_001.html

 和漢朗詠集写本の断簡。銘の「戊辰」は切断が行われた昭和3年(1928)のことだそう。

 

(9)和漢朗詠集 南北朝~室町時代・14世紀/鎌倉時代・嘉暦元年(1326)

 上下巻の書写年代が異なる取合せ本だが、下巻は書写年が奥書から嘉暦元年と明確で、しかも巻末に詩の作者である著作人の一覧があり、名前にフリガナが付されていたりする。

 

(10)和漢朗詠集私注 室町時代・16世紀

 和漢朗詠集の注釈本としては現存最古とのこと。渋江抽斎・森立之旧蔵。

 

(14)賦譜並文筆要決(重要文化財) 平安時代・11世紀

 賦譜と文筆要決という二つの漢詩マニュアル本?漢籍の写本のようだが、どちらも本文は他に伝本なしとのこと。

 

(16)藍紙本万葉集切 伝藤原公任筆 平安時代・11世紀

 「藍紙本」の銘は、佐々木信綱によるものだそう。

 

(28)松籟切 伝藤原行成筆 平安時代・12世紀

https://www.gotoh-museum.or.jp/collection/col_04/08019_001.html

 昭和26年に分割されたもの。

 

(32)白描応現観音図 玄証本(重要文化財) 平安時代・12世紀

 中国五大十国時代の呉越国王・銭弘俶開版による版画の写しとのこと。中国の印刷物の日本への伝来についての手掛かりでもあるかと。

 

(56)因明論疏 巻上・中(重要文化財) 平安時代・12世紀

 藤原頼長による読了したとの識語あり。

 

(58)平家物語 延慶本(重要文化財) 室町時代・応永26・27年(1419・20)

 完本最古本。

 

 今回、五島美術館の売りの源氏物語絵巻も展示されていた(精細な描写がこれはこれですごい)のだけど、それが霞むくらいの豪華ぶり。

 それにしても(2)伊予切、(6)戊辰切、(28)松籟切と、展示解説を読んでいると、近代に入ってから切断・分割された古典籍が結構あって、近代コレクターの功罪について、考え込まざるを得なかった。近代茶道との関係も気になる(掛け軸として利用?)けど、そういう論文ないかなあ。

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Creative Commons License

無料ブログはココログ