2022/01/15

『日本古書通信』2021年12月号(86巻12号)・2022年1月号(87巻1号)

ためこんでしまっていた、『日本古書通信』2021年12月号(86巻12号)と、2022年1月号(87巻1号)の感想をまとめて。 まずは、2021年12月号から。 特に巻頭の、**塩村耕「虫だらけの伊東玄朴書簡—コレラと闘う蘭医」**(p.2-3)が重要かと。著者が入手した伊東玄朴から大槻俊斎宛の書簡を解読しつつ、その背景を含めて解き明かしていくもので、断片的に現れる情報と知られている史実を組み...

» 続きを読む

2022/01/09

『ZENBI:全国美術館会議機関誌/全美フォーラム』Vol.18(2020年9月)、Vol.19(2021年3月)、Vol.20(2021年9月)

昨年末に行った、東京国立近代美術館のミュージアムショップで、『ZENBI:全国美術館会議機関誌/全美フォーラム』のVol.18(2020年9月)、Vol.19(2021年3月)、Vol.20(2021年9月)を入手。久しぶりに読んだ。 ちなみに、次の通り、全部PDFで公開されているので、無理に買わなくても読めるのだけど、東近美に行くとつい買ってしまうのだった。 - [ZENBI 全国美術館会議...

» 続きを読む

2022/01/01

東京国立近代美術館「柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年」展(会期:2021年10月26日-2022年2月13日)

年末に、東京国立近代美術館の[「柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年」展](https://www.momat.go.jp/am/exhibition/mingei100/)(会期:2021年10月26日-2022年2月13日)を見てきたので、今年最初の更新はその感想を。 とにかく情報量がすごかった。中心人物であった柳宗悦を軸にしつつも、民藝運動に関わる様々な人物にも目配りしつつ、多数の収集品...

» 続きを読む

2021/12/26

吉見俊哉『大学は何処へ 未来への設計』岩波書店, 2021.(岩波新書)

![『大学は何処へ』表紙](https://cover.openbd.jp/9784004318743.jpg) (表紙画像は[openBD](https://openbd.jp)から。) [吉見俊哉『大学は何処へ 未来への設計』岩波書店,2021.(岩波新書)](https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784004318743)を読了。大学論でもある一方で、平成日本...

» 続きを読む

2021/12/18

稲宮康人『大震災に始まる風景─東北の10年を撮り続けて、思うこと』編集グループSURE, 2021.

[稲宮康人『大震災に始まる風景─東北の10年を撮り続けて、思うこと』編集グループSURE, 2021.](https://www.groupsure.net/post_item.php?type=books&page=210901daishinsai)を読了。 写真家稲宮康人氏の最新の作品である、東日本大震災被災地を撮影するシリーズの中間報告的な一冊。モノクロながら、10年をかけて撮影されてきた...

» 続きを読む

2021/12/11

チャルカ『アジ紙』アノニマ・スタジオ, 2009

先日、たまたま府中市美術館のミュージアムショップで購入した、[チャルカ『アジ紙』アノニマ・スタジオ, 2009.](https://www.anonima-studio.com/books/craft/ajigami/)がとても良い本だった。 [チャルカ](https://www.charkha.net)というのは、現在も大阪で営業中の「東欧雑貨・手芸の店」のことだろう。そして「アジ紙」というの...

» 続きを読む

2021/12/04

『世界』(岩波書店)2021年11月号(第950号)・12月号(第951号)

そういえば、2号分、感想を書くのをため込んでしまっていたので、『世界』(岩波書店)2021年11月号(第950号)、12月号(第951号)についてまとめて。記事の数が多すぎるので、当事者による当事者視点の論考は基本、あえて外している。そこが『世界」の読みどころでもあるとは思いつつ、それだけではないよ、ということで。 [『世界』2021年11月号](https://www.iwanami.co.j...

» 続きを読む

2021/11/27

筒井清忠編『大正史講義【文化篇】』筑摩書房,2021.(ちくま新書)

![『大正史講義【文化篇】』表紙](https://cover.openbd.jp/9784480074232.jpg) (表紙画像は[openBD](https://openbd.jp)から。) [筒井清忠編『大正史講義【文化篇】』筑摩書房,2021.(ちくま新書)](https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784480074232)を読了。だらだら読んでたら、最初...

» 続きを読む

2021/11/20

『日本古書通信』2021年11月号(86巻11号)

『日本古書通信』2021年11月号(86巻11号)を少し前に読了したので忘れないうちに感想をメモ。 とにかく、**川島幸希「日本近代文学館への提言」**(p.8-9)が重い。「所蔵資料のデジタル化の遅れ・利用者への高額な各種サービス提供・情報発進力の弱さ」等の課題や、その前提となっている収益構造の問題点を指摘しつつ、改善策を提言している。その一方で「スタッフの一人ひとりが文学へのリスペクトと、近...

» 続きを読む

2021/11/14

『東京人』2021年12月号[no.447]特集「商店街に新風」

新型コロナのせいで、なかなか近隣にも出かける機会がなくなっていたこともあって、『[東京人](https://www.toshishuppan.co.jp/tokyojin)』2021年12月号[no.447]特集「商店街に新風」で報告されている、様々な取り組みで活気を取り戻しつつある東京各地の商店街の様子は興味深かった。 冒頭の、北山恒「コモンズ再生の最前線。 15minutes city TO...

» 続きを読む

«瀬田勝哉『戦争が巨木を伐った 太平洋戦争と供木運動・木造船』平凡社, 2021.(平凡社選書 236)

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Creative Commons License

無料ブログはココログ