« 2021年10月 | トップページ

2021/11/27

筒井清忠編『大正史講義【文化篇】』筑摩書房,2021.(ちくま新書)

『大正史講義【文化篇】』表紙

(表紙画像はopenBDから。)

筒井清忠編『大正史講義【文化篇】』筑摩書房,2021.(ちくま新書)を読了。だらだら読んでたら、最初の方を忘れてきているけれど、個人的に気になったところをメモ。

牧野邦昭「第2講 経済メディアと経済論壇の発達」では、東洋経済、ダイヤモンド、日経といった、現在の経済論壇の出発点をコンパクトに解説。蔵書家としても知られる小汀利得も登場して、おおっ、となったり(日経の前身『中外商業新報』で活躍)。

今野元「第3講 上杉愼吉と国家主義」は、美濃部達吉、吉野作造とのライバル関係を軸に、上杉愼吉の学説・言論を中心に扱ったもの。単純に軍国主義を支えた学説だ、と否定すればそれで済むというものではない、というのは分かるが、留学先で挫折すると国粋主義に傾倒しがち、という戦後も続くパターンがここにも……という印象もなくはなし。

本書の裏テーマの一つ、「教養」については、筒井清忠「第4講 大正教養主義──その成立と展開」、藤田正勝「第5講 西田幾多郎と京都学派」、大山英樹「第6講 「漱石神話」の形成」が多面的に論じている。小谷野敦「第7講 「男性性」のゆらぎ──近松秋江、久米正雄」での「情けない男」の主題化という論点も含めて、現在まで続く構造が生まれた地点としての大正時代論を堪能できる。

「文化編」としての読みどころは、筒井清忠「第11講 童謡運動──西條八十・野口雨情・北原白秋」、筒井清忠「第12講 新民謡運動──ローカリズムの再生」、石川桂子「第13講 竹久夢二と宵待草」の並びでは。特に第12講での新民謡以前の民謡はむしろ地域による差異が小さく、同じような歌詞、節回しばかりだった、という指摘には驚いた。

田中智子「第14講 高等女学校の発展と「職業婦人」の進出」は、大和和紀『はいからさんが通る』を題材にしているのだけど、『はいからさんが通る』が、現在でも、こうした議論の参照対象になりうる(もちろん、史実とのずれは存在するのだが)、ということが驚き。やはり、大和和紀はすごい。

竹田志保「第16講 「少女」文化の成立」は、1980年代、90年代から盛んになった「少女論」を参照。「これらの「少女」論は、オルタナティブな可能性をもつものとしての「少女」の意義を発見したが、「少女」に抵抗や反秩序の幻想を強め、ロマンチックに周縁化してしまうことへの批判もなされた。」という視点は、むしろ現在忘れられがちかも。

そのほか、宮本大人「第19講 岡本一平と大正期の漫画」では「絵と言葉を組み合わせて多くのことを語ることのできる表現形式」としての漫画の発展、佐藤卓己「第20講 ラジオ時代の国民化メディア──『キング』と円本」では国民的メディアとしてのラジオと出版の成立、斎藤光「第27講 カフェーの展開と女給の成立」では、カフェーの普及と特に女性店員の商品化による形態の分化が語られるなど、多様な主題が次から次へと繰り出される。

各講には、シリーズに共通する「さらに詳しく知るための参考文献」が付されている。先行研究や、資料集や主要な同時代の人物の全集・日記に関する紹介の仕方で、その分野の研究の厚みが何となくうかがえる、という感じもあり。

通読して、思っていた以上に、大正時代から発展・普及して現在まで続いていることが様々にあることに驚いた。そういえば、今年は大正110年か。

続きを読む "筒井清忠編『大正史講義【文化篇】』筑摩書房,2021.(ちくま新書)" »

2021/11/20

『日本古書通信』2021年11月号(86巻11号)

『日本古書通信』2021年11月号(86巻11号)を少し前に読了したので忘れないうちに感想をメモ。

とにかく、川島幸希「日本近代文学館への提言」(p.8-9)が重い。「所蔵資料のデジタル化の遅れ・利用者への高額な各種サービス提供・情報発進力の弱さ」等の課題や、その前提となっている収益構造の問題点を指摘しつつ、改善策を提言している。その一方で「スタッフの一人ひとりが文学へのリスペクトと、近文にアクセスする人への愛情を持つこと」の重要性を強調するなど、単なる運営論に終わらない観点も提示。他の文学館と比較しての議論などもあり、文学館に関心を持つ方は必読ではないか。

また、タイトルからは分かりにくいが、佐々木靖章「キヌタ文庫創設者 永島不二男はモダンボーイだった」(p.10-11)は、東京銀座の文化史の話でもあり。個人的には「ルパシカを身にまとい、両手・両足・腰に鈴をつけて、毎日提示に銀座を往来」という、ストリートパフォーマンスを関東大震災前に行っていた、という話に驚いた。また、銀座のカフェ「クロネコ」による雑誌『クロネコ』『船のクロネコ』の紹介もあり。

鈴木紗江子「北米における日本の古書研究2」(p.16-17)は、ブリティッシュコロンビア大学(UBC)の講義動画「物語文学と写本」の制作プロジェクトで苦心した点を紹介。日本の古典文学研究における概念を英語で紹介するために様々な工夫がなされたことが分かる。最も難しかったという「池田亀鑑が大島本を最前本とした」という一節をどう提示するかのくだりなど、目的に合わせた翻訳のあり方として重要かと。また、「作ることが目的のデジタル化事業から、デジタル化したものを最大限に活用することを目標とする時代になった」という一節は、デジタル化をめぐる状況の変化を端的に著していて、印象的。ちなみに、当該の動画は"Exploring Premodern Japan Series Vol. 4 – Tale Literature (monogatari bungaku) and Manuscripts: The Case of The Tale of Genji"(リンク先は早稲田大のサイトでの紹介)ではないか。

日本研究といえば、川口敦子「パスポートと入館証、準備よし!(35)」(p.32-33)も興味深い。スペイン国立図書館での2回目の調査でのエピソード。データベースにないものはない、と主張する書誌情報室の担当者と、古い冊子目録に遡って確認して当該資料を発見するベテラン司書、という、類似したエピソードに覚えのある図書館関係者も多いのでは、というお話。遡及入力を過信してはいかんのですよね……

小田光雄「古本屋散策(236) 『現代史資料』別巻『索引』」(p.35)は、『現代史資料』の別巻「索引」について。その重要性と、それが国会図書館に通い詰め、記憶力と紙のカードによって編纂された、高橋正衛という編集者「個人の作品」であることが語られている。コンピュータ時代以前のこうした成果をどう継承するのか、という問題でもあるかと。

その他、「書物の周囲 特殊文献の紹介」(p.40-41)では、香川県立ミュージアムの「自然に挑む 江戸の超(スーパー)グラフィック—高松松平家博物図譜」展の図録が紹介されていて、見たかったなあ……としみじみ。あと、青裳堂書店の日本書誌学大系の広告(p.41)で、大小暦の図録である岩崎均史編『大小図輯』と、永井一彰『版木の諸相』の刊行を知る。すごい価格になっているが、何部刷ってるんだろう…

続きを読む "『日本古書通信』2021年11月号(86巻11号)" »

2021/11/14

『東京人』2021年12月号[no.447]特集「商店街に新風」

新型コロナのせいで、なかなか近隣にも出かける機会がなくなっていたこともあって、『東京人』2021年12月号[no.447]特集「商店街に新風」で報告されている、様々な取り組みで活気を取り戻しつつある東京各地の商店街の様子は興味深かった。

冒頭の、北山恒「コモンズ再生の最前線。 15minutes city TOKYO」(p.12-15)で示された「商店街の道空間を商店街が自治する共通資本(コモンズ)にする」というビジョンは魅力的。また、イベントスペースとして人が行き交う、コモンズとしての寺院・神社の境内、という視点も重要かと。ちなみに、15minutes cityというのはパリで提唱されたものだそうで、それを商店街を軸に再構成した構想、という感じ。

商店街の取り組みの具体例としては、複数の商店街をとりまめつつ、学生が「書生」として空き家に住む取り組みを進めている「文京区 認定NPO法人街ing本郷」(p.16-25)、廃業してしまった歴史的建造物でもある店舗を軸に商店街を活性化を目指す「板橋区 仲宿商店街」(p.26-31)、問屋街としての機能が失われつつある中で、URと組んで異なる業態を積極的に取り込んでいく「中央区 日本橋横山町・馬喰町問屋街」(p.34-41)、東京R不動産を中心に、空き店舗の活用を地域とのマッチングを重しつつ進める「荒川区 ニューニュータウン西尾久」(p.50-57)などが目を引く。

地域で新たな取り組みを進めるためには、時間をかけて地域内外の関係者の信頼関係を構築することや、補助金頼みではなく、持続可能な形で段階的に取り組みを進めていくことが重要であることがよく分かる特集でもある。カフェや本屋が持つ、世代や分野を超えた結節点としての機能、というのも何となくうかがえるし。それぞれの地域の地力がある程度残っているタイミングであれば、シャッター店舗がある程度増えてきた状態からでも、活性化の可能性は残されている、ということでもあり。

また、印象的なのは、その地域がもともと持っている価値を生かしつつ、新しい活力を取り込む、ということを、不動産業側も考えるようになってきている、というところ。東京各地で進む大規模再開発とは異なる方法論がありうることも示されている。近隣に一定の商圏が残っている東京だからこそ、という側面もあるかもしれないが、少なくとも、一定の人口集積がまだ維持されている地方都市であれば、参考になりうるのでは。

それにしても、こういうのを読んでいると、公共図書館と商店街、というのも、割と組み合わせとしてありうる気がしてくるのだけど、どうなのだろう。空き店舗に分館+イベントスペースが入居、というのも、ありえる気はするのだけど。

続きを読む "『東京人』2021年12月号[no.447]特集「商店街に新風」" »

2021/11/07

瀬田勝哉『戦争が巨木を伐った 太平洋戦争と供木運動・木造船』平凡社, 2021.(平凡社選書 236)

『戦争が巨木を伐った』表紙

瀬田勝哉『戦争が巨木を伐った 太平洋戦争と供木運動・木造船』平凡社, 2021.(平凡社選書 236)を何とか読了。ハードカバーは通勤時に読みにくいので時間がかかってしまった。

本来中世史を専門とする著者が、指導した学生の執筆した卒論を出発点に、様々な事情で研究の継続が困難だったその学生の後を引き継ぐ形で、発展された研究の成果をまとめたもの。それにしても、次々と関係者が鬼籍に入っていく状況下で、危機感に駆られて取り組むことにした、という本書成立の発端自体が、現在研究者が置かれている研究環境を象徴しているような。

これまでほとんど忘れ去られていた、太平洋戦争終盤の、制海権と制空権を広範囲に失いつつあるなかで進められた、木材の供出運動、特に、個人宅の庭に植えられたものや、旧街道沿いの並木など、山林以外における動きを中心に、その使用目的の一つであった木造船(「木船」とも)の増産運動の動向なども含めて、広範に論じられている。ようやく行き着いた関係者が、数年前に亡くなっていた、というケースもあちこちに登場し、「猶予はない。自分の他の研究を後回しにしてでも、もう私がやるしかない。」(「はじめに」)という著者の危機感がまさに現実のものとして立ちはだかる。

それでも、残されていた資料・史料を丁寧に確認し、地元の博物館・資料館・図書館や、各分野の専門家のアドバイスも受けながら明らかにされた全体像は、ロジスティックを軽視してはドツボにはまる、日本的場当たり対応の典型例ともいえるような展開で、読み進めるごとに何ともいえない気持ちになってしまった。

マクロな状況も押さえつつ、状況に巻き込まれつつ、それぞれ考え、行動した人たちについて丁寧に向き合っているのも特徴で、家の誉れと考え進んで協力した家について、その時代の状況下で、その家の歴史を背負った木の重さを受け止めた上での行動だ、ということが丹念に描かれている。

また,特に運動の中心になった翼賛壮年団(翼壮)について、その青年団運動から展開したその発足時から、翼賛体制に組み込まれていった状況も踏まえつつ、買い取り側の様々な思惑の公正な調整役として地元の人々に評価された側面と、結果として供木を断れない状況を作り出していく圧力団体としての側面の両面を描き出しているのも興味深い。

木造船を大量に建造する計画について、その進捗の遅れの課題や原因、対応策について、冷静に分析して組織内では議論されていたが、当然表向きはいろいろ誤魔化されたりしているわけで、そういった状況が、残された文書類から明らかにされていたり。また、本書終盤、市民的不服従を貫徹して歴史的並木を守った人のエピソードも紹介されるが、裏付けるものはわずかな証言のみで、当然のように当時は後ろ指を指された、という話も。なんというか、いろいろ、何かまた繰り返してないか、と考えてしまう話も多い。

こんな感じで、内容的にもいろいろ興味深いが、本書の最も重要な点は、どのような史料・資料について、どこまで調べ検証したのかについて、各所に記載している点ではないかと思う。こういう資料があって、ここまでは調べたがそれ以上はできなかった、や、資料があることまでは確認できたが、精査はできなかった、といったことが、あちこちに書き記されている。また、発見できなかったが、こういった資料が残されている可能性がある(なぜなら、いつ出たどの本で使用されているから)といった記述もある。通常の研究書であれば、そこも調べろよ、という突っ込みどころとなり、批判される記述ではないかと思うが、おそらく、本書はさらに別の人が研究を進めるための引き継ぎということも意識して書かれているのではないか。近代の林業、造船、物流、造園、翼賛運動など、様々な切り口で追求することのできるテーマでもある。本書を起点に様々な研究がさらに生まれるかどうかが、本書の意義と価値を決めるのではないだろうか。

続きを読む "瀬田勝哉『戦争が巨木を伐った 太平洋戦争と供木運動・木造船』平凡社, 2021.(平凡社選書 236)" »

2021/11/06

『学士会会報』no.951[2021-VI]

学士会会報』no.951[2021-VI]で気になった記事のメモ。

  • 樺山紘一「渋沢栄一について語ろう」p.4-14

現在、渋沢栄一記念財団理事長を勤める樺山紘一氏の講演録。関東大震災後の学士会館再建を支援した話など、その業績についての話が主だが、没後の竜門社による関連資料の収集・整理や、渋沢敬三による民俗学・実業史資料の収集にも言及。1922年のアルメニア難民救済に尽力した話など、社会貢献的な側面の話も興味深い。

  • 平田オリザ「地域における芸術文化活動と大学の役割」p.15-26

こちらも講演録。大学における学生選抜のあり方が、グループワークにおける役割分担や多様性の確保にシフトしていく、という話から、身体的文化資本の差を広げてしまう地域間・家庭間の文化格差を公的支援により緩和すべきという議論など。地域を発展させるための人材をどのように育てるのか、という話でもあり。

(これだけ読むと、若者以外には可能性が開かれていないように見えてしまうのだけど、それは大丈夫なのだろうか…。)

  • 藤原辰史「「捨てられたもの」目線の人文学」p.56-60

『分解の哲学 腐敗と発酵をめぐる思考』青土社,2019の背景を語るエッセイ。小学校のころのゴミ拾いの体験を題材に、拾い集めることの楽しさを語るくだりが印象的。

  • 川口順子「随想 アフガニスタンの忘れ得ぬ人々」p.61-64

2002年のカブール訪問時の回想。最後に「私たちはどうすればよかったのだろうか。」と問いかけつつ、「アフガニスタン国民を見捨ててはいけない。」と呼びかける。

  • 原山浩介「遺跡を尋ねて 第V期第5回 〈長崎〉原爆遺跡をたどる」p.86-92

「戦後の生活や産業活動などの日常的な営みのなかで、可能な範囲で残された(残った)」長崎の被爆遺構の特徴を語りつつ、それがまた「結果として」生活の中に埋め込まれた遺構となり、被爆体験の継承を支えてきたことを論じる。戦争の記憶の継承と、文化遺産との関係についての論考としても読むことができるかと。お勧め。

続きを読む "『学士会会報』no.951[2021-VI]" »

« 2021年10月 | トップページ

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Creative Commons License

無料ブログはココログ